サーチナ

  広西省北海市の居住区で23日、地下配管が爆発し、路面が約80メートルにわたって吹き飛んだ。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。(写真は「CNSPHOTO」提供)

■「爆発事件・爆発物」写真特集

  爆発事故の発生をうけ、北海市の消防隊はただちに3大隊を派遣、合わせて30人もの消防士が現場に駆けつけ事故処理にあたった。実地調査によると、爆発した路面の地下にはガス配管、電気ケーブルなどが設置されていた。現在、同居住区のガス供給は一時ストップされている。(編集担当:米原裕子)

全文を表示