世界累計3,300万部をえるファンタジー超大作コミックベルセルク」のすべてを映像化する“ベルセルクサーガプロジェクト”。その第1弾“黄金時代篇”三部作の完結編「ベルセルク 黄金時代III 降臨」が2月1日より全開となるが、一部の劇場の一部時間帯にのみ、R18バージョンレイトショー行を行うことが決定した。

ベルセルク 黄金時代III 降臨」は、王への反逆罪により捕らえられたグリフィスの団が救出するストーリーから始まり、原作発表当時、あまりの恐怖と絶望により話題となった、の団の壊滅シーン“蝕”が描かれている。

また、本作は刺の強い体損壊と性描写があることから、映画倫理委員会より、R15定(15歳以上は鑑賞可)を受けての行となるが、このたび、新宿バルト9(東京)および梅田ブルク7(大阪)の一部時間帯にのみ、オリジナルR18バージョンレイトショー行を行う運びとなった。

もともと本作は原作に忠実に描く方針で制作した結果、映倫より「大人向きの作品で、極めて刺の強い性描写がみられる」としてR18+(18歳以上は鑑賞可)の定を受けていた。に性的描写のあるシーンにおいて、R18+に相当するという示があったため、通常の全行では、第一部、第二部を鑑賞したファンが引き続き楽しめるよう映像を一切カットすることなく、明るさなどを調整したR15+版を新たに制作。通常の全行を行う。

なお、R15+版では音楽を一部変更した箇所があり、また、川畑要のエンディングテーマ曲「breakthrough」もシングル版と異なった劇場アレンジ版をお披露する。

ベルセルク 黄金時代III 降臨」は、2月1日より全開。


ベルセルク 黄金時代III 降臨」R18+版上映

上映日:2月1日)〜
上映劇場:新宿バルト9、梅田ブルク7 ※両劇場ともR15+版の通常上映もあり


ベルセルク 黄金時代III 降臨」ストーリー

夢の終わり、恐怖のはじまり
ミッドランド王都ウインダムの地下深く――
反逆罪によって囚われたグリフィス奪還のため、キャスカはじめの団の残党は、グリフィス閉の地“再生の”へ向かう。
修行から帰還し、強く成長したガッツはもはや無双、見事グリフィスを取り戻す。しかし、両手両足の腱を切られ、舌を抜かれたグリフィスに、かつての夢を追う術はない。
ガッツ、キャスカ、そしてグリフィスの願いは……。