俳優・大山真志(23)が、4月30日より東京・青山円形劇場で上演される舞台『英雄のうた』(脚本・演出:毛利亘宏)を主演する。

 舞台は「余の辞書に不可能の文字はない」などの名言で有名なナポレオン・ボナパルトを描いた作品。身分低い貴族の家に生まれ、その軍才により頂点である皇帝にまで上り詰めたが、その生涯の「英雄」と称えられた男の真実の人生をあらためて描き直すというもの。

 英雄だからこそ味わった孤独、それに打ち勝つだけの器、最期までついていった側近と、裏切った側近など周囲の思惑を表現していくという。

 大山主演のほか林剛史(30)、小林且弥(31)、鎌苅健太(29)の4人舞台になるといい、大山は、「数々の名言を残したナポレオンという男の壮絶な人生を円形劇場という特殊な空間と4人という少人数で描く今回の『英雄のうた』。実在したナポレオンという人物を演じさせて頂くということで伝記を読み込んでいます。壮絶な人生を送った彼だからこそ溢れ出た数々の名言を、僕なりの解釈でこの作品に反映したいと思います」と、意気込みを。

 さらに、青山円形劇場という舞台に、「ほぼストレートな芝居の中で起こる劇場を覆う空気感、そして少人数だからこそ、1人1人の心情を追って作品を楽しんで頂きたいと思います。円形劇場という事もあって、席の場所にによっても役の違う一面が見えてくるのもこの作品の楽しみ方の1つになると思います!」と、アピールもしている。

 舞台『英雄のうた』は青山円形劇場で4月30日から5月3日まで上演!詳しくは公式ホームページ(http://le-himawari.co.jp/galleries/view/00132/00217)にて。

「英雄のうた」を主演する大山真志