ニコニコニュース(オリジナル)

uesugi.jpg フリージャーナリストの上杉隆氏は2011年4月21日、ニコニコ動画の特別番組「福島原発の収束に向けた『工程表』を徹底検証」に出演し、いわゆる「インターネット規制法案」や総務省のデマ自主削除要請について、「きちんと反対の声をあげていかないと、ニコニコ動画もなくなってしまう」と語った。

 総務省は4月6日にインターネット上のデマ情報自主削除をプロバイダーに対して要請した。また、これに先駆けて3月11日には「プロバイダーに対してインターネットのログ(=履歴)を一定期間保存することを裁判所の令状なしに要請できる」という、いわゆる「インターネット規制法案」が閣議決定され、4月1日には国会に法案提出をするための付託が委員会になされている。

 上杉氏は、ニコニコ動画などインターネットメディアがあることの重要性に理解を求めた上で、

「警察庁からインターネットのプロバイダーに対して『流言飛語があったら削除するように』という命令があって、驚いたことに実際にもう行われている」

 と明かした。さらに、

「都合の悪い情報を流すインターネットを止めるということが、日本という先進国で行われようとしている。まさに言論統制。これは、皆さんが情報のインプットをする手段を失うということ。問題だという認識で、こういった法案にきちんと反対の声をあげていかないと、ニコニコ動画もなくなってしまう」

 と語り、法案成立の危険性を訴えていた。

ニコ生特番 福島原発の収束に向けた「工程表」を徹底検証
「上杉隆氏、インターネット規制法案に警鐘」部分から再生
http://live.nicovideo.jp/watch/lv47125946#01:27:12
(番組はタイムシフト機能で2011年4月28日まで視聴できる)

(山下真史)

【関連記事】
枝野長官、避難民に工程表の進捗を伝える方法「検討したい」
枝野長官「国独自の工程表」発表に否定的な見解
上杉隆氏「NHKの役割大きかった」と原発事故での報道を評価
全文を表示