「一人でも平気な人」になりたい!
教えて!goo ウォッチ

皆さんは“一人でも平気な人”ですか?「一人立ち飲みから一人焼肉までなんでも大丈夫!」という人がいる一方、「一人で映画に行くのさえも無理…」という“一人下手”な人も一定数いるようです。

教えて!gooには、そんな“一人下手”の人からこんな質問が寄せられていました。

一人でも平気な人へ

相談者のmarquisesさんは、1人きりで行動していると寂しさと恥ずかしさにさいなまれる一方、グループに入っていると「人に合わせてばかりでなんだか違う」という気持ちになるそうです。1人でも堂々としていられる人になりたい…というmarquisesさんに、さまざまな意見が寄せられていました。

■「好き」は自分一人のもの


「あえて一人になろうとしているわけでなく、一人でないと出来ないことを楽しむのはどうでしょう?」(sakuramochi639さん)

一人の寂しさ・恥ずかしさに耐えるのではなく、一人の喜びを味わう方法から始めてみては?というこのアドバイス。sakuramochi639さんが例として挙げたのは「休日にステキな喫茶店に一人でいって、じっくり本を読む」「好きな映画を見て、自分ひとりでじっくり味わう」「好きな分野を勉強する」などですが、たしかにこれらは友人連れでは味わえない至福の時間ですね。

「基本、『好き』は自分ひとりのものなので、それが多ければ多いほど、深ければ深いほど一人にならざるを得ません」というsakuramochi639さんの言葉は印象的です。“一人下手”の第一歩は“趣味上手”になるところからなのかもしれません。

■孤独感が一人行動を不安にさせる


また、なによりも先に「合わせてばかり」でないといられないグループの人間関係について見直してみては?という意見もありました。

「一人だと寂しいと仰ってますし失礼ながら私は質問者さんが『1人でも平気でいられる強い人間』になるよりも自分が楽に呼吸できる交友関係を築いたほうがいいように思います」(icefangさん)

自分自身の性質を変えるのは大変なことですが、自分と他人が不快なくやっていけるように周囲の環境を変えることは、それよりもいくらか簡単です。また、こんな意見もありました。

「『一人で行動するのが平気』と『一人きりでも生きていける』には、ものすごい差がありますよね。私はどこへ行くのも、気が合わない人や目的の場所に興味がない人と行動するくらいなら一人で出かけます。でもそれは、まるっきり友達もいないとか、家族もいないなんて言う『一人きり』ではないです」(mayroadさん)

一人で行動することに不安を感じない人は、「自分は一人きりで生きているわけではない」という安心感を根底に持っている人であるとも言えますね。

楽に呼吸できる交友関係を築けた時、同時に一人で行動することにも不安を感じなくなるのかもしれません。

吉川晶子

全文を表示