女優・坂口良子さんが27日に死去していたことが、分かった。57歳だった。28日のNHKニュースが報じた。

 坂口さんは12日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)で消化器系の疾患による重病説が報じられていたが、同日付のオフィシャルブログで「昨年 腸閉塞を患い それとほぼ同時期にインフルエンザから肺炎になってしまったりと、体調を少し崩しておりました」と、説明していた。

 昨年8月には事実婚状態だったプロゴルファー・尾崎健夫(59)と入籍し、結婚からわずか7ヶ月だった。関係者によると、坂口さんは、都内の病院で治療を続けてたといい、27日に亡くなったという。

 長年、親交のあるプロデューサーで舞台演出家の石井ふく子は、「きのうの夜、ご主人の尾崎さんから電話で亡くなられたと聞きました。ただ、ただ、ショックで泣いてしまい、それ以上は聞けませんでした。ご結婚して間もないのに、無念だと思います。本当に仕事が好きな人で、すごくさっぱりとした気持ちのよい性格の良子ちゃんでした。去年の暮れ、電話で話したのが最後で、いつも私のことを『先生、大丈夫ですか』と気遣ってくれる優しい人でした。本当に悲しい」と、おくやみを述べている。

全文を表示