ニコニコニュース オリジナル

20110423ongw01.jpg 東日本大震災で、地震と津波により甚大な被害を受けた宮城県牡鹿郡女川町。復興がなかなか進まない女川町だが、2011年4月22日には町と被災者が中心となり、復興の足がかりとなる災害FM放送局「女川さいがいFM」を立ち上げた。その中心で活躍しているのは、インターネットで生放送の経験を積んだ"生主(なまぬし)"と呼ばれる若者たちだ。

 パソコンとウェブカメラなどを使ってインターネットで生放送を簡単に行えるサービス「ニコニコ生放送」。これは小規模のテレビ番組のようなもので、誰もが自分の考えたオリジナル番組を世界に向かって配信できる。多くの人たちが、踊りを披露したりペットを映してそのかわいさを自慢したりと、思い思いのスタイルで生放送をしている。

 2011年4月22日に宮城県牡鹿郡女川町で放送を開始した災害FM放送局「女川さいがいFM」(周波数79.3MHz、出力20W)の放送スタッフは被災者を中心に10人ほどだが、ここでニコニコ生放送の経験者、通称"生主(なまぬし)"らが活躍している。生主のひとりである彩珠(さいじゅ)さんは、ニコニコ生放送において気取らないおしゃべり放送で人気だ。俳優・渡辺謙さんを迎えての公開録音ではインタビュアーを務める(写真中央)など、アマチュアながらも経験を生かしている。

 また、現地スタッフのとりまとめを行う黒井さんは、生放送の経験こそないものの、「ニコニコ動画」で動画を公開している。本人曰く「極度の人見知り」とのことだが、インターネットで活発に情報発信していることから、この役を任された。

 こうした若者らが中心となって放送される女川さいがいFM。現在、朝10時から炊き出し情報を、13時からと18時から各種発表、生活情報、音楽リクエスト番組を放送中だ。

◇関連サイト
・女川さいがいFM - 公式サイト
http://onagawafm.jp/

野々村美緒

【関連記事】
みうらじゅん「東電の仕事は全部断った」
ソフトバンク・孫正義社長、「災害時の電話殺到でもつながる携帯」に挑戦意欲
「東北地方太平洋沖地震」情報サイト リンク一覧
全文を表示