俳優・大山真志(23)が29日、東京・新宿の全労済ホール スペースゼロで主演のミュージカル『新オオカミ王ロボ~シートン動物記より~』(脚本・演出:源井和仁)公開ゲネプロを開催した。

 2011年に上演された『オオカミ王ロボ』が『新オオカミ王ロボ』として再演。動物嫌いの少年・翔が10際の誕生日にプレゼントされた1冊の本を開くと、なかからハイイロオオカミの誇り高き森の王者“オオカミ王ロボ”が飛び出してきた。「行ってみないか、森へ!オレたちの王国へ!」とロボに誘われるまま、さらにページをめくると、『シートン動物記』でおなじみの動物たちが次から次へと現れ交流を深めることとなっていくのだが…。

 上演前の影ナレから大山がユニークな言い回しで、諸注意をし場内を沸かせたり、客席の間を俳優らが躍動感ある動きで魅せる。物語は翔がロボを通して、森の動物たちとの触れ合いを通して次第に成長していく様子が描かれ、終盤では大山の嘆き悲しむ姿に、よりいっそう翔が勇気を持つというグッと胸に迫る演出が光った。

[画像]

 終演後にキャストらと囲み会見を開いた大山は、「2年ぶりにオオカミ王ロボが劇場に戻ってきて、僕達の伝えたいと思っていた1つの目標の、命の大切さとか、あすを生き抜くための勇気が伝わればいいなと思っています」と、本作にかける思いを。

 ゲネプロについては、齋藤ヤスカらがミスが多かったと反省しきりだが、「夜の本番へ向けて調整していく」と、意気軒昂で、キャスト一同結束した姿を。

 ヒロインのブランカ役・小川真奈(19)は、衣装のことを尋ねられ「初めてやらせていただくので、(衣装の鼻が)視界の邪魔になっていましたが、よりいっそうオオカミになりきれているので気に入っています」と、笑みを見せていた。

 2年前と比べ、今回には、「2年分の人生を僕も含めてほかの俳優の方々も過ごしてきていて、やっぱり成長していると思うんです。ですから、役に対しての重みも深くなっている。役者が成長して、この作品に厚みが出ている。そういう部分が見どころになると思います!」と、胸を張っていた。

 ミュージカル『新オオカミ王ロボ~シートン動物記より~』は29日から4月7日まで同所にて!

 ■出演者
 ブランカ:小川真奈
 ビンゴ:小野田龍之介
 マスタング:齋藤ヤスカ
 レッドラフ:内藤大希
 ブラウニー:安藤玲奈
 モリー:服部杏奈
 ラグ:小島幸士
 ヴィクセン:城川もね
 シルバースポット:佑太
 ワーブ:大至
 ハンター:縄田晋
 エンジェル/翔の母:真園ありす
 翔:平松來馬

[画像]

[画像]