ニコニコニュース オリジナル

cs.jpg 東日本大震災の被災地への支援の動きが広がる中、インターネット上で「#charity_song」というプロジェクトが始まっている。

 #charity_songは有志により制作された楽曲をインターネットを通じて有料配信し、それによる作者の収益すべてを募金団体に寄付するというプロジェクトだ。ボーカロイドを使用し楽曲を制作しているプロデューサー、いわゆる"ボカロP"をはじめとしたインディーズアーティストたちが多数参加している。

 参加表明をしている作曲家をはじめとしたアーティストは現在200名以上にのぼり、中にはニコニコ動画で100万再生以上を記録したボカロPなども複数参加を表明している。

 #charity_songの参加者のひとりでボカロPでもある"そうまP"に話を聞いてみると、

「自分たちは大資産家でもないのでたくさん義援金も送れないし、被災地から離れたところに住んでいると簡単にボランティアに行くこともできない。だったら今、自分ができることとして音楽を作ろうと思った」

 と活動の動機について答えてくれた。そうまP自身は「HERO」という楽曲を作曲しており、これについて、

「被災者の方々はインターネットができる状況ではないと思うので、被災しなかった人たちにぜひ聞いて欲しい。今、立ち上がろう!という思いを込めてつくった。少しずつでもみんなが力を合わせれば、被災地を助ける"ヒーロー"になれるかもしれない」

 と語ってくれた。#charity_songには「HERO」以外にもすでにたくさんの楽曲が参加者により制作されており、楽曲の一部はニコニコ動画で視聴することもできる。

◇関連サイト
・#charity_song 東日本大震災復興支援楽曲配信プロジェクト
http://charitysong.main.jp/index2
・[ニコニコ動画]#charity_song - 会員登録が必要
http://www.nicovideo.jp/mylist/24367709

(伊川佐保子/丹羽一臣

【関連記事】
ニコニコ生放送の経験生かして 生主ら、被災した女川でFM放送局を立ち上げ
みうらじゅん「東電の仕事は全部断った」
「ニコ動さんも来てるのね」 漫画家・西原氏、福島のチャリティーイベントで
全文を表示