長崎海軍練習所の練習船「観光丸」、韓国の「コリアナ」等帆船4隻が長﨑港を彩る
おたくま経済新聞

4月25日(木)~29日(祝)まで、長崎市で『2013長崎帆船まつり』が開催される。

今回は、日本最大級の帆船「日本丸」や1855年長崎海軍練習所の練習船としてオランダから贈呈され江戸幕府初の木造蒸気船を復元した「観光丸」、韓国の「コリアナ」等帆船4隻が長﨑港を彩る。

【関連:陸上自衛隊、『平成25年度年間イベント計画』を発表。今年も8月は「富士総合火力演習」実施】
 
イベントは4月25日(木)13:00からの入港パレードで開始。4隻の帆船が女神沖から一列で入港する。
そして、外洋での帆走以外ではなかなか見ることができない「セイルドリル(操帆訓練)」、普段では見ることのできない各帆船の「船内一般公開」、帆船のライトアップ・イルミネーション及び打ち上げ花火、出港の際に行われるセレモニー「登檣礼(とうしょうれい)」が行われる。
他には、開催3日間で計7回「観光丸 体験クルーズ(有料)」も行われる。
体験クルーズは有料。中学生以上1,000円、小学生以下500円(乳幼児は保護者1人につき1人無料、2人目以降1人につき500円)。

全文を表示