主人公を引き立てるはずの脇役ですが、キャラが立ちすぎてしまうケースも。そこで今回みなさんに、同じクラスにいたら「友達になりたくないな」と思ってしまう20代以下の男アニメキャラについて、次のうちから選んでもらいました。

1位 骨川スネ夫
2位 永沢君
3位 藤木君
4位 野原しんのすけ
5位 野比のび太
6位以降を見る


 『ドラえもん』に登場する個性的なキャラ《骨川スネ夫》が1位に選ばれました。裕福な家庭で教育熱心な母親に育てられたためか、金持ちであることを鼻にかけた言動がしばしば見られる点が嫌われやすい理由の一つといえます。またのび太には強い態度を取る一方、ジャイアンのように強くて勝てそうにない相手には機嫌を取ったりする調子の良さや、世渡り上手に見える点も嫌味なタイプとして敬遠される要因になってしまったのでしょうか。2位、3位には『ちびまる子ちゃん』のクラスメート《永沢君》と《藤木君》が揃ってランク・イン。クラスでは仲の良い二人ですが、二人の暗い性格をニガテと感じる人も多いはず。背が高くカラダが大きい割に気が小さい《藤木君》に比べ、本心からではないにしろ意地悪な一言が多く、ひねくれた性格の《永沢君》の方をよりニガテな人が多く、上位になったのでしょうね。4位には『クレヨンしんちゃん』の主人公《野原しんのすけ》が選ばれましたが、超マイペースで幼稚園児らしからぬやりたい放題な言動は、周りを振り回してばかり。友達になっても迷惑をかけられそうなイメージが非常に強いキャラクターといえますね。

1調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9397票
投票期間:2013/3/3〜3/16
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません

全文を表示