「男同士の友情」は熱く美しく、「女同士の友情」はドロドロと醜く描かれるドラマや漫画が多くあります。こんなに白黒はっきりと描き分けられるのは、実際に男性と女性の同性間での友情に大きな違いがあることが原因かもしれません。そこで今回は女性のみなさんに、理解できない男同士の友情の特徴を聞いてみました。

1位 二人で同じ人を好きになったら、二人とも身を引く
2位 お互いの誕生日や住んでいるところなどを知らない
3位 相手がふられたときに、すぐに別の女性を紹介したがる
4位 どんなに仲が良くても、彼女ができたことは事後報告
5位 お互いに自分の恋愛相談はしない
6位以降を見る


 最も多くの女性が選んだのは《二人で同じ人を好きになったら、二人とも身を引く》でした。友人関係にヒビが入るくらいなら好きな女性のことは諦めるという恋愛より友情を優先させる確率は、女性よりも男性のほうが高いようです。ヒロインが二人の男性に好かれて揺れ動くというラブストーリーがよくあるように、女性には奪い合いの対象になりたい願望があるのかも。そんな夢のようなラブストーリーが始まりそうな瞬間に、二人同時に身を引くのを見たらガッカリして「その程度の“好き”だったのか!」と立腹する女性もいそうです。4位の《どんなに仲が良くても、彼女ができたことは事後報告》や5位の《お互いに自分の恋愛相談はしない》のように友人に恋愛の話を全くしない男性は多く、恋愛において“報告・連絡・相談”のホウレンソウを怠らない女性には全く理解不能のようです。2位にランク・インした《お互いの誕生日や住んでいるところなどを知らない》のように、個人情報を気にしないのも不思議な特徴の一つ。仲が良いのに電話番号やメールアドレスを知らないということも稀ではありません。

 「男からみて理解できない「女の友情」ランキング」では、1位《親友の悪口を言う》、2位《一度激しいケンカをすると、その後絶対に仲直りしない》、3位《他人の噂話や悪口で盛り上がれる》という対照的な結果に…。ドラマや漫画で描き分けられる男女の友情の違いはあながちフィクションとは言い切れないようです。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013/3/6〜2013/3/7
有効回答者数:1,083名

全文を表示