ウレぴあ総研

うつ病と診断されている人が100万人を超えました。心療内科や精神科に通っている人だけでこの数字ですから、実際にはその数倍の人が苦しんでいるのではないでしょうか。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

うつになると、気力の減退・焦燥感・不安感などや、体の調子が悪くなり、仕事を休職しなければならなかったり、家事ができなくなったりします。趣味も楽しいと思わなくなり、生きている感覚が失われます。それに絶望して自ら命を絶ってしまう人も多数。何とかしようと病院に行くと、よほどよい先生にあたらない限り、うつ病の薬を渡されて終わりという例が大多数です。

確かに薬は効いている間は効果がありますが、対処療法に過ぎません。薬はうつ病の原因といわれている脳内ホルモンを一時的に増やしたり、利用効率を上げる効果はありますが、心を安定させる脳内ホルモンのバッテリーにとりあえず電力(ホルモン)を一時的に供給しているだけで、心のバッテリー自体を治す効果はありません。つまり、充電(貯める)→放電(使用する)→充電(貯める)のサイクルを復活させなければ、うつ病は治らないということです。

薬を処方より多く服用したりすると、ますます心のバッテリーは悲鳴を上げて、「壊れているのに、なんで無理に押し込もうとするの…」と悲鳴を上げます。

うつ病で会社を休職してじっくり休んだけど回復しないという人が多いのは、この心のバッテリーが壊れたままだからです。休んでストレスから解放されて、すこしだけ自家発電機能(脳内ホルモンの体内生成機能)が回復しても、貯めるバッテリーが壊れている状態では、当然低レベルしか回復しません。そしてストレスを受けると、またすぐにバッテリーが空になってしまい、うつ状態になってしまうのです。

糖分(糖質)はうつ病の敵か?

人間の体はすべて口から入った食物・飲物が原料になります。脳内ホルモンの原料となる口から入った食物・飲物が原料になります。アミノ酸はすべて体内で合成されるものもありますが、その合成の原料もとうぜん食物、飲物です。

昔、脳の唯一の栄養源はブドウ糖というCMがあり、砂糖を摂りましょうと宣伝していました。しかしそれはすこし間違い。タンパク質や脂肪も体内で分解されると、ブドウ糖を生み出します。砂糖を摂りすぎると、血糖値が急上昇した結果、脳が緊急的に多量のインシュリンを分泌します。そして血糖値を急激に下がった結果、低血糖状態となり、眠たくなったり、やる気がなくなったりします。

実は低血糖状態では、血糖値を回復させようと、本来はストレスに出会ったときにどう対応するか判断するホルモンのノルアドレナリン(感情を司る脳内ホルモン)が分泌されるため、ストレス状態にないのに、焦燥感がでたり、軽いパニックに陥ることがあります。そしてストレスを感じたときに、本来出るべきノルアドレナリンが、供給不足となり、判断力低下・ストレスを解消できないといった、まさしくうつ病の症状が出てきます。原因はあきらかで、やる気や正しい判断を司るノルアドレナリンが、血糖値を低下させるために使われてしまい、本来の分泌タイミングで不足状態となってしまうためです。

photo credit: E R I via photopincc

甘いものを摂りすぎると…

そこで、そうならないようにするためには、インシュリンの過剰分泌を避けるため、糖質を抑えた(せめて適正量)の食事をとる必要があります。

脳の栄養補給を糖分に頼るのではなく、タンパク質や脂肪を適切に摂り、糖質が多いといわれているご飯やパンなどは、控えめにすることが大切です。ここでキモなのは、ゼロにはしないこと。よく炭水化物ダイエットなどで糖質を全く摂らない人がいますが、今度は糖質不足で体を動かすエネルギー不足となり、体が疲労しやすくなります。これが慢性的に続くと、常に疲れがとれない状態となり、うつの原因になってしまいます。

まとめると、糖質を摂りすぎると、ノルアドレナリン不足によるうつ症状が発生しやすくなる。少なすぎると、やはり血糖値を上げなければならないとノルアドレナリンが分泌され、ノルアドレナリンが不足状態になります。糖質はバランスよく、自分の運動エネルギーにみあったように摂ることが肝心です。ですからスポーツマンや肉体労働の人は糖質を少し多めに摂っても、すぐにエネルギーに変換されるので、多めにとっても問題ないのですが、デスクワークで運動不足の人が糖質過多だと、エネルギーに変換されず、インシュリンばかり分泌され、糖質が脂肪にかわって蓄積してしまいます。

甘いものを食べてストレス解消?

よく甘いものを食べて「はぁー元気になった!」と感じたことはないでしょうか。これは脳内ホルモンのセロトニンの原料であるトリプトファンが甘いものを食べたときに優先的に脳内に取り込まれるからです。その結果ハッピーホルモンといわれているセロトニンが増加して、幸せな気分・元気な気分になるのです。しかし、甘いものを続けて食べていても、徐々にその気分は失われていきます。その理由はトリプトファンがすでに消費されているため、セロトニンが生成できないからです。

また甘いものを摂りすぎると、インシュリンが常に分泌され、前述のノルアドレナリンの消費と内臓脂肪の増加による肥満につながります。ここでノルアドレナリン不足によるうつになると、肥満で運動がしにくいのでセロトニンができにくく、ノルアドレナリンも不足という、不足するとうつ病の原因となる二大ホルモンのどちらも不足している状態になってしまいます。よくうつ病で太ったという人がいますが、太ったからうつがひどくなったというのが多いのではないでしょうか。

photo credit: PetitPlat - Stephanie Kilgast via photopincc
photo credit: Kanko* via photopincc

セロトニンやノルアドレナリンを増やすには

では結局どうしたらいいの!

結局、壊れた心のバッテリーを治すには、もちろん病院に通って薬をしっかり飲んでというのも大切です。しかしそれは一つの方法であり、一時的な補強にすぎません。軽症の時にはそれで立ち直る人が多いのですが、病院には行きたくない方や、なかなか治らないとだんだん落ち込みがひどくなっていく方は、食事療法を試してみてはいかがでしょうか。適切な食生活を送れば、だんだんと心のバッテリーは修復されていきます。

セロトニンを増やす方法は、記事「眠気、ストレスが簡単にとれる! 幸せ物質「セロトニン」の増やし方」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13202 ] 、ノルアドレナリンを増やす方法は、記事「無気力、イライラの原因を一掃! やる気のホルモン「ノルアドレナリン」活用法」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14167 ] が参考になります。

ほかの病気と同じで、うつ病やうつ状態も、なるべく早期に自分の心の異変に気づいて対処することで治ります。食事療法は比較的食べ物の種類も多く、これも食べてはいけない。あれも食べてはいけないということもありませんので、試してみようかなとの気持ちで取り組むことができます。

ただし、やはり体質はすぐに変わるものではありませんから、効果を感じるには数ヶ月はかかると思われます。ですから気長に取り組むこと。これが大切です。もちろん今苦しい・・・何とかしたいと、緊急性がある方は感じている場合は、薬と併用で治していくことも大切です。きちんと合った薬を飲めば確かに効きます。これで対処しつつ、体質を変えていくことが目標となりますね。

参考文献
青春出版社発行 心療内科医 姫野友美著「心療内科に行く前に食事を変えなさい」

こちらのレポートもどうぞ!
眠気、ストレスが簡単にとれる! 幸せ物質「セロトニン」の増やし方 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13202 ]
無気力、イライラの原因を一掃! やる気のホルモン「ノルアドレナリン」活用法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14167 ]
たくさん泣いてストレス解消・デトックス! 医師もすすめる"涙活" [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14128 ]
うつ病になる前に! 医師に聞いた『五月病』の防止法&対処法まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13714 ]
安眠ドクターが教える、ひとつ上の眠りを誘う5つのメソッド&快眠アイテム [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/9697 ]


全文を表示