ナリナリドットコム

モスバーガーは6月25日から、「ナン・カレードッグ」(360円)と、この季節の定番として人気の「ナン・タコス」(360円)を期間限定で発売する。販売期間は9月上旬まで。

「ナン」シリーズは、1996年から季節限定の商品として販売している人気メニュー。2008年、2009年は休止していたが、復活の要望が強く2010年に再登場し、「モスの夏はナン」と言われるほど定着しているシリーズだ。例年、さまざまなバリエーションで夏らしい食材と組み合わせ、モスバーガーならではのアレンジで「ナン」を提供している。

今回新発売する「ナン・カレードッグ」は、たっぷりの白ゴマを使ったカレーソースが特徴。白ゴマを入れることで辛さを抑え、マイルドなカレーソースに仕上げ、より多くの人に楽しんでもらえるよう仕上げた。

また、カレーは一般的に、香りや辛さによって食欲が増進され、夏バテ気味でも食べやすいと言われており、まさに暑い季節に向けた商品だ。

一方の定番「ナン・タコス」は、メキシコのファストフードである“タコス”とナンをあわせた、モスオリジナルの商品。ふんわりとしたナンの上に、数種類のスパイスをブレンドした薫り深いタコスミート(牛挽肉)と、レタス、トマトをたっぷりとのせ、その上にコクのあるチェダーチーズのソース、サクサクのコーンチップスをトッピングしている。
全文を表示