市川寛氏(元検事) 冤罪事件として知られる佐賀市農協事件に関与した元主任検事が2011年5月23日東京都内で開かれたシンポジウムに出演し、検察内部の驚くべき新人教育の実態を生々しくった。「ヤクザ外国人人権はないと教えられた」「検事が勝手に自をしゃべって、それを被疑者に署名させるよう導された」と過去の経験を暴露したうえで、「このような教育を受ける間にそれが当たり前だとなかば思うようになる」と、ゆがんだ教育の恐ろしさをった。

 古巣を告発する発言をしたのは、元検事の市川寛氏。2000年に発生した佐賀市農協事件に主任検事として関わった際、事情聴取した元組合長に対して「ぶち殺すぞ!この野郎!」と暴言を吐いて自を強要。元組合長は背任容疑で起訴されたが、自調書の任意性が否定されて罪となった。その結果、市川氏は厳重注意処分を受け、検事を辞職することになった。

 この日は、明治大学大学院情報コミュニケーション研究科が催する「検察、世論、冤罪」と題するシンポジウムにパネリストの一人として登壇。最初に「私は検察官にあってはならない過ちを犯した輩で、幾度もお詫びをしなければならない立場にあることは承知している」と断りながら、「いかにして暴言を吐くような検事ができあがるのかについて、すべて事実として申し上げたい」と衝撃の言を口にした。

 市川氏は1993年横浜地検に任官したが、1年のとき、先輩検事から「ヤクザ外国人人権はない」と教えられたという。「その先輩が言うには『外国人日本語が分からないから、日本語であればどんなに罵倒してもいい』ということだった」。さらにその先輩検事は「ある外国人の被疑者を取り調べたときに、千枚通しを被疑者のの前に突き付け、日本語で罵倒した。こうやって自させるんだ」と、市川氏に自らの経験をったという。

 また3年には、ある上が自調書の取り方を伝授してくれたが、それは検事が勝手にしゃべって調書にしたものを被疑者に突き付けて、署名させるという方法だったという。もし被疑者が署名を拒否したら、どうするのか。「被疑者が抵抗したら『これはお前の調書じゃない。の調書だ』と言え、と上に教えられた」と、市川氏は当時を振り返った。

「このような教育を受ける間にだんだん、それが当たり前だとなかば思いそうになる。そして8年のとき、自ら絶対にあってはならない暴言をはき、事件が罪になり、辞職することになった」

 2005年に検事をやめ、現在弁護士として活動している市川氏。シンポジウムの前日の22日には、テレビ朝日系報道番組「ザ・スクープ スペシャル」で、かつて暴言を吐いた元組合長家族に謝罪する様子が放映され、話題を呼んだ。ニコニコ動画でも中継された明大シンポジウムでは「大変な過ちを犯したつぐないとして、私が見てきたことや聞いてきたことを伝えていくのが、私の役割ではないかと考えた」と、の場で言した理由を述べた。

関連サイト
[ニコニコニュース]記事内の元検事・市川寛氏による発言 全文書き起こし(1)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw66706
[ニコニコニュース]記事内の元検事・市川寛氏による発言 全文書き起こし(2)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw66710
[ニコニコ生放送]元検事・市川寛氏の「新人教育」実態暴露から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv50486600?ref=news#1:31:53

亀松太郎

【関連記事】
元検察官・郷原氏、裁判所にとってホリエモンは「不良少年だった」
「取調べの可視化だけでは不十分。冤罪防止には参考人を含めた全面可視化を」
「大丈夫か、司法当局ヾ(・・ )」堀江被告の上告棄却に著名人もツイッターで反応
市川寛氏(元検事)