なんでそうなの?男が思わずイラつくNG浴衣ファッション3つ
Menjoy!

全国各地で花火大会が開催される時期になってきましたね。花火大会といえば浴衣を着て出かけることも楽しみの一つでしょう。でも、「惚れ直させてやろう!」と一生懸命選んだ浴衣なのに、彼から、ご主人から、はたまた気になる男性から、“こんな浴衣姿はありえない”と幻滅されたら、とても悲しいですよね。

そこで今回は、可愛らしくしたつもりなんだけれど、男性からしてみれば“それなら浴衣着ないほうがマシ”と思われてしまうくらい非難轟々なNG浴衣ファッションについて、ご紹介いたします。浴衣デビューを検討中の女性のみなさんは、ぜひ気をつけてくださいね!

■1:浴衣がミニ

ウエディングドレスや着物に至るまで“ミニ”丈も登場する昨今、当然浴衣にも“ミニ”があるわけですが、これを着てしまうのは実はNGです。「男性ってミニが好きでしょ」と思われがちですが、男性にとって浴衣は本来平凡であるべきもの。変に丈が短いと、「お前はキャバクラ嬢か!」とツッコミいれたくなるくらいなのです。

浴衣にひねりはいらないということが伺えますね。

■2:浴衣にレース

結婚式の白無垢にも洋風デザインがあるように、浴衣にも当然洋風のデザインが多く見られる昨今。帯ひとつとっても、オーガンジーの生地があったり、当然装飾にもレースやフリルが登場しているわけですが、浴衣にこれがあしらわれているものは残念ながら男性からはNG。

男性にとって浴衣は和風であるべきもの。洋風テイストは「これいらないでしょう」とただただバッサリ斬られてしまうくらい理解不能なのです。浴衣にトレンドはいらないということが伺えますね。

■3:浴衣に普段着要素

浴衣にあわせた靴やバッグは、なにも草履や巾着だけではないのが、現代の浴衣ファッションですよね。そこで何をあわせているのかというと、普段持ち歩いている大きなトートバッグや普段履いているサンダル、そしていつものヘアスタイルだったりするわけですが、実はこれが男性からしてみればNG。

男性にとって浴衣は特別なもの。普段の要素が含まれていると「なんか軽い」と奥ゆかしさを感じられないようです。浴衣ファッションは限りなく非日常を追求すべし、という意識が大切ということですね。

いかがでしたか? 男性にとって浴衣デートは特別なもの。特別だからこそ期待が高まる分、期待を大きく外れるとイラ立ちも大きいのでしょう。今回のポイントを参考に、男性の期待以上に素敵な浴衣姿で大いに喜ばせてあげてくださいね。

【関連記事】

思わずガン見!男がキュンキュン萌えまくる女性の水着の色ベスト3

※ 痩せたのに「太った?」と彼に言われてしまう女性のNGファッション4つ

※ いくら美人でも!一瞬で男に嫌われる女性の見た目NG3つ

※ 失敗できない!テーマパークでのデートで避けるべきヘア&ファッション4つ

※ 20~40代未婚男性が考えている「自分の恋愛アピールポイント」5つ

全文を表示