ニコニコニュース(オリジナル)

民主党の原口一博衆議院議員 民主党の原口一博衆議院議員は2011年6月2日、自由報道協会主催の記者会見に出席。ニコニコ動画の七尾功記者から、同日の衆議院本会議で自民、公明、たちあがれ日本の3党が提出した内閣不信任決議案に賛成票を投じた松木謙公議員について問われると「一本気な性格」と評し、処分を決める執行部の岡田克也幹事長については「『自分も処分されんか』と言う声を耳に入れたほうがいい」と語った。

 同記者会見での原口議員とニコニコ動画の七尾功記者のやりとりは、以下の通り。

七尾: ふだんは政局について質問しないが、あまりにも腑に落ちないので質問する。先ほど(2日の)17時30分から行われた会見で、枝野(幸男内閣官房)長官は総理退陣について実は一言も触れていない。記者団の質問に対し「退陣が前提の質問には答えようがない」という趣旨の発言をされている。つまり長官いわく「代議士会での総理の発言と覚書だけが事実である」と、そういうことになっている。(菅直人)総理と鳩山前総理とのその覚書には「辞める」という文字はない。加えて、原口さんが従来から主張されていたような両院議員総会ではなく、代議士会での総理の発言だったというのも気になる。まして、今回のこと(覚書を交わした件)は総理と鳩山前総理との2人だけの話であって、オープンな中でのものではない。原発事故の対応と同様、また「言った、言わない」との話になる可能性がある。

 こうした点においても、これからの総理の動向いかんによっては混乱の火種を残したとの見方があるが、今日で本当に(民主党の)分裂騒ぎは終わったのか。それに加え、(内閣不信任案に賛成票を投じた)松木謙公議員の行動についてはいかがか。この2点について聞きたい。

原口: 1点目については、総理はあれほど明確に代議士会でおっしゃった。官房長官が総理の発言について、あれこれ言えないというのは当然。本人の進退は本人しか決められないのだから。鳩山さんと菅さんの間が"密室"だなんて全然思わない。僕と七尾さんのあいだは・・・まぁご飯を一緒に食べたことはないが、(そういうことがあったとして)それをオープンにしてやることではない。ましてや微妙な話をオープンにすることはない。

 むしろ逆に言うと、全体の中での流れを見ると、私たち民主党は今回、ある一定以上、成功したと思っている。いろんな情報を開示して、そして何がこの民主党に足りないのかというのを突きつけた。今日(同じく不信任案に賛成票を投じた)横粂勝仁さんとあるテレビに出ていたが、彼のような、ある意味でまっすぐな行動がなければ、ここに至らなかったと思う。私はそこをぜひご覧頂きたい。

 それから後段の松木(謙公)さんについては、私も議場で「何考えてるんだ」と、「思いとどまれ」と。ここまでの鳩山さんがやって、その後に誰かの発言か(あったのか)何か知らないが、すごく思いつめている。だが、政治というのはそれぞれの人間の発するメッセージ、みんな・・・「政治家は何をやってんだ」という人たちもいっぱいるが、皆さんと同じように僕らも人生を賭ける。国民に対し。それから、何万票というご付託をいただいたそのある期間を僕たちは担っている。その担っている人間は半端なことをしない。

 松木さんがずいぶん思いつめて、僕の「(日本維新・)V-democrats」の中核メンバーでもありますから僕は今日こう言った。「僕は大臣の時に君の言った『やっぱり、小沢問題についてはいろいろあるが、それでも正しいということを正しいと主張する。菅内閣の閣僚でも、やっぱり、この一番厳しい時に構造を変えるのは小沢だ』といって支持をした。君が言ったとおり僕も(支持)したから、君も僕の言うことを今回は聞けよ」。でもそのとき(松木議員)は汗ビッショリで、もうなんというか、耳に入ってなかったんじゃないかと思う。その前にある議員から羽交い締めにされて。賛成票を入れるのであれば、議場に入るなというので。

 彼は本当に藤波孝生先生の秘書で、藤波先生がリクルート事件で有罪になったときに蜘蛛の子を散らすようにみんなが逃げてったのを、彼は最後まで支えた。親子(のような関係だった)。だからそういう一本気な人間だ。

 今後(松木議員は)どうなるか。私は、今の執行部や幹事長は、もうよほど考え方を変えたほうがいい。またなんか「処分がどうのこうの」と言っている。僕は岡田(克也幹事長)さんと一緒にずっと、この党を作るのをやってきたが、昔の岡田さんの大らかさとか明るさ、まあ「どこが明るいんだ」と言う人もいるが。そういう、なんというか愛らしさというのを取り戻してほしいなと思っている。今も(民主党の)役員会がどうなってるのか、ちょっと気になっているが、「処分だ処分だ」と、なんぼのもんじゃいと。「自分も処分されんか」と言う声を、耳に入れたほうがいい。もうちょっと(そう言う人たちに)近づいて。岡田さんには、尖閣(諸島の視察をしようとした)僕を止めた時から「口も聞きたくない」と(言われている)。怒りを・・・いや、こういうとこで言っちゃいかん。はい、もうこれ以上は言わない。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]七尾記者の質問部分から再生 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv51779233?ref=news#54:18

(伊川佐保子、土井大輔)

【関連記事】
内閣不信任案、否決
民主・原口氏「内閣不信任案より、菅政権の総括が先決」
「決断できぬなら総退陣を」 民主・原口氏、政府の原発対応を批判
全文を表示