ニコニコニュース オリジナル

MoreSQ_nowprinting.jpgスクウェア・エニックスは2010年11月19日に、ゲーム音楽リミックスアルバム「More SQ」を発売すると発表した。これはスクウェア・エニックスのゲーム音楽を新進気鋭のアーティストがアレンジする"SQプロジェクト"の一つで、シリーズ第三弾となる今回は「クロノ・トリガー」と「ニーア ゲシュタルト&レプリカント」がテーマとなる。

このアルバムにはニコニコ動画でも活躍する逆衝動Pこと「ELECTROCUTICA」と、ささくれPこと「sasakure.UK」が参加する。そこで彼らにメールインタビューを行った。


■ELECTROCUTICA(エレクトロキューティカ)
electrocutica_logo.png
作曲・総合プロデュース担当するTreowと、デザイン面・企画を担当する喜多嶋が担当するエレクトログループ。ニコニコ動画では逆衝動Pの名前でも親しまれている。

公式サイト:http://electrocutica.com/


――好きなスクウェア・エニックスのキャラクターは?
チョコボです。乗りたいです。(Treow)

我々のELECTROCUTICAという名前は「electrocute=感電死させる」という意味を含んでいるんですが、ニコニココミュニティのアイコンがドラクエの「しびれあげは」によく似ていると言われます。あの顔が好きです。(喜多嶋時透)


――ゲームにまつわる思い出を聞かせてください。
基本的に地道な作業が好き&やり始めたものはコンプしないと気が済まないタチなので、小さい頃はゲームに没頭し続け、クロノトリガーも全部のエンディングを観ました。(Treow)

クロノトリガーが一番好きなRPGで、物悲しいエピソードが多くて初めてゲームで泣いたのを今でも覚えています。SFC版・DS版 全てプレイしました。楽曲が特に好きで、サントラも購入し、ゲーム未使用曲まで覚えています。ニコニコ動画でも演奏動画などをよく検索して観ています。(喜多嶋時透)


――担当曲はなんでしょう? どのようなアレンジにする予定ですか?
「クロノ・トリガー」より、ラヴォス戦の曲「世界変革の時」を主軸に、アートコアもしくはオーケストラの音を取り入れた感じのドラムンベースにしていこうと思っています。


――最近行っている音楽活動は?
ELECTROCUTICA名義で、電子音楽基調で管弦楽器、ヴォーカルのスタジオ録音などを交え、自主制作ながら実験的に色々取り組んでおります。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11419786 [A Sample of「REVERSUS」]
普段VOCALOIDのオリジナル曲を制作していて(逆衝動Pとも呼ばれます)、最近はVOCALOIDコラボアルバムを制作・プロデュースしました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12723633 [A Sample of「Crystalloid」]

冬のコミックマーケットにも参加します。
詳しくは大百科にて→http://dic.nicovideo.jp/a/electrocutica


――ニコニコニュースをご覧の皆様に、一言!
沢山のクロノファンの方々に楽しんで聴いていただけるよう頑張ります。

■sasakure.UK(ササクレ・ユーケイ)
sasakure.UK_image.jpg
*ハロー、プラネット。」「ぼくらの16bit戦争」などチップチューンとレトロゲーム世代の心に響く世界観を築きあげるアーティスト。作曲だけでなくPV制作も自ら行う。
ニコニコ動画ではささくれPの名前で知られる。

公式サイト:http://sasakuration.com


――好きなスクウェア・エニックス(ニーア)のキャラクターは?
どこかしら背景や性格が歪んでいるキャラクターが好きなのですが、
登場するキャラがみなさも当然のごとくトラウマやコンプレックスを抱えてしまっている
「ニーア ゲシュタルト&レプリカント」の世界観、好きなキャラが沢山居すぎて困ります、、、///

カイネが好きです。あと護衛ロボットP33ことピーちゃんから漂うレトロフューチャー感がたまりません...!♪


――ゲームにまつわる思い出を聞かせてください。
最初にもっそり出てきたイノシシに喧嘩を売って5回ほど死にました。
あと鷲の卵を集めるために崖の村のハシゴを延々シャカシャカしてました。

このゲームは音楽とストーリーの演出が非常に素晴らしいですね。
エミールの館ではBGMを聴きたいがために敵を倒さず延々飛び回ってました。


――担当曲はなんでしょう? どのようなアレンジにする予定ですか?
担当曲は「ニーア ゲシュタルト&レプリカント」より「カイネ/救済」です。
本編の持つダークな側面を今をときめく(?)エレクトロニカの風に乗せてペチペチとアレンジしてみました。カイネさんの腕に寄生するマモノがうごごうごご...と浸食してゆく感じをうまく表現できたら!と思います!(笑)


――最近行っている音楽活動は?
ボーカロイドからインスト、歌モノまで幅広く制作しております!
今年の3月には1stアルバム「ボーカロイドは終末鳥の夢を見るか?」を、U/M/A/A Inc.さんからリリース致しました。茶ころさんのアートワークも必見です!

その他にも、都内、主に渋谷で定期的にDJイベントを行っております。

ニコニコ動画にも作品を公開していますので、僕のマイリストをご覧いただければと思います!
http://www.nicovideo.jp/mylist/6280579


――ニコニコニュースをご覧の皆様に、一言!
みなさま、どーぞよろしくおねがいしますね、、!!|'ω'|ノシ =3 シュババ


■商品情報

タイトル: More SQ
発売日: 2011年春
アーティスト:ROCKETMAN、JABBERLOOP、→Pia-no-jaC←、sasakure.UK、ELECTROCUTICA、他(参加アーティストは随時発表予定)
価格、曲数: 未定
公式サイト: http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/sq/
公式Twitter : http://twitter.com/#!/sq_staff

(伊豫田旭彦)

全文を表示