ジャーナリストの上杉隆氏 ジャーナリストの上杉隆氏は2011年6月3日、東京・新宿ロフトプラスワンで開かれたイベント「自由すぎる報道座談会・4」で、前日2日に衆議院本会議で否決された内閣不信任決議案について「政治的駆け引きでは菅首相の圧勝だった」とし、完全に小沢一郎元民主党代表の「敗北だ」と語った。

 6月1日、自民党、公明党、たちあがれ日本の野党3党が内閣不信任決議案を国会に提出し、「菅おろし」は最高潮に達した。当初は、与党・民主党から小沢一郎元代表や鳩山由紀夫前首相を中心に菅直人首相に反発した造反議員が賛成にまわると見られていたが、翌2日夕方の衆議院本会議で不信任決議案は反対多数で否決された。

 イベントの司会を務めていた芸人・プチ鹿島氏が「(6月3日の新聞の)夕刊では『菅おろし激化』とあるが」と問いかけると、上杉氏は「もう遅い」と即答。その理由を上杉氏は「内閣不信任決議案は(慣例上では)一国会一回しか出せないので、(通常国会が越年することになっている今年中は)もう出せない」と解説。その上で、

「いくら『菅おろし』をやったところで自分たちが降ろされていくだけ。今回、菅首相は圧勝だった。政治的駆け引きでいうと」

と語った。また、菅首相が不信任案否決後の記者会見の時に「嬉しそうだった」ことについて、上杉氏は

「権力闘争の中で、鳩山さんとかに勝ったというよりも、小沢一郎に勝ったと(菅首相は)思った。完全に(小沢氏の)敗北だから」

と語った。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]プチ鹿島氏の問いかけから視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv51221127?ref=news#58:50

(山下真史)

ジャーナリストの上杉隆氏