ニコニコニュース オリジナル

東京都副知事で作家の猪瀬直樹氏 東京都副知事で作家の猪瀬直樹氏は2011年6月11日、「勝間和代#デキビジ」(BSジャパン)の収録の中で、戦後の日本社会を「トーナメント型」だとし、東京電力を引き合いに出しながら「最もリスクを取らない人がトップリーダーになっていった」と語った。

 番組には猪瀬氏のほか、批評家で作家の東浩紀氏、株式会社ドワンゴ取締役の夏野剛氏が出演し、東日本大震災後の日本の政治経済の問題点や、改善策について語り合った。この中で、猪瀬氏は「戦争に日本が負けて以来、震災までの間、(『戦後』という)ある一定の日常性があった。これは普遍的なものではなかった」とし「これからまた新しい『災後』という時代に入る。この歴史区分が僕は大事だと思う。価値観も変わっていくし、価値観を変えながら新しい公共を作っていく」と持論を展開した。

 また猪瀬氏によると「戦後社会が永遠に続くという錯覚があり」、この錯覚の下で日本では、高校野球の甲子園大会のような「トーナメント型システム」が生まれたとされる。このトーナメント型システムは、毎回リスクを取らなければいけないリーグ戦とは異なり、「就職後は一つの会社にずっと勤める」といった個人がリスクを取らない風潮につながるという。その上で猪瀬氏は、

「最も無難にリスクを取らない人がトップリーダーになっていくから、トーナメントのサラリーマン型。(まさに)東電型社会」

と戦後の日本社会の問題点を指摘。さらに猪瀬氏は

「大学3年の時に東電に就職を決めたら、もう60歳まで安泰、良かったねという話でしょ。それは途中途中で物を考えなくていいということだから」

と語り、「本当のリスクを取らないで生きていく。まさに『虚偽の日常性』が、『戦後の日常性』だった」と分析した。

(山下真史)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]猪瀬氏の「トーナメント型社会」についての発言から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv52603492?ref=news#19:43

全文を表示