【衝撃画像】世界で広がる韓国人への襲撃...韓国メディアが危機感伝える
東京ブレイキングニュース

 世界各地で韓国人が襲撃の対象になっている? そんな俄かに信じられない事態が現実に起きてるという。韓国メディアが危機感を持って伝えている。

 一週間前にフィリピンで、43歳の韓国人男性が銃撃を受けて死亡した。今年に入ってから、フィリピンで殺害された韓国人はすでに7人目。同国では3年前から毎年7~8人の韓国人が殺されるという異常事態が続いている。

 フィリピンの場合、そのほとんどは金品を狙った単純な犯行ではなく、個人的な恨みを受けてのものと推測されている。韓国大使館では注意を呼び掛けているというが、年間100万人の渡航者にどれだけ行き届いているかは不明だ。

 つい最近もオーストラリアで深刻な「韓国人狩り」が起きていることが伝えられたばかりだ。昨年から韓国人が歩いていると背後から生卵や水風船を投げつけられる事件が頻発しているという。ある韓国人会の関係者が語る。

「シドニーで2件起きた韓国人暴行事件では、金品を奪われたうえに、ゴルフクラブなどで殴打されている。白人が白人に対して、ここまで残虐なことはしない。これらの事件には人種差別的な意味が隠されているはずだ」

 さらに深刻なのはアメリカだ。近年になって、白人対黒人の人種対立に代わって問題となっているのが韓国系住民と黒人、さらに韓国系とベトナム系の根深い人種対立だ。

 先月もバージニア州の韓国人街で、韓国人留学生がベトナム人と黒人に鉄パイプで集団暴行される事件が起こったばかりだ。韓国居酒屋の店先でのことだった。 

「ベトナム人が車を急に止めて下りてきて、トランクから鉄パイプを取り出し近付いてきて急に殴り始めました。その次にはベトナム人と一緒にいた黒人も加わり、拳で殴ってきたんです」(襲撃を受けた被害者の李さん)

衝撃画像:韓国人が襲撃されている防犯カメラ映像はこちら

 

 アメリカではこのような無差別暴行を、人種対立が原因の「憎悪犯罪」に分類。地元警察は今回の事件も、アメリカ国内で高まる韓国人に対する人種憎悪が原因の可能性があるとして捜査している。

 何が原因だとしても、ある特定の人種を標的にした犯罪行為が許されていいはずがない。各国での対策が急がれる。



Written by 朴建勲

全文を表示