「うち来る?」女がつい行っちゃう男性の秀逸な誘い文句10パターン
東京ブレイキングニュース

 女子は付き合っていない男子から「うち来る?」と誘われたとき、ホイホイついてくる軽い女と思われないために、何かしら「彼の家へ行く理由」を探します。

 そんな女子のジレンマを解消してくれる、秀逸な誘い文句をリサーチしました。こんなふうに誘われたい!

女がつい行っちゃう、男性の秀逸な誘い文句

 彼の家に誘われたとき、女子は頭の中で、行くべきか断るべきか、めまぐるしく計算している生き物。そんなとき、男性からこんな誘い方をされたらつい行ってしまいますよね。


●その1:「実家から××が送られてきて」

「男性と飲んでいるときに、『実家から大根からし巻き(新潟名物)が送られてきてさー。超旨いのよ、これが』という話題になりました。『えっ、大根からし巻き? なんじゃそりゃあ!』と気になっちゃいません? そこでつい、彼の家に行ってしまいました」(27歳/建築)

○珍しい食べ物で誘われたら、家に行っちゃうのもしかたないですよね~!


●その2:「うちで写真撮ってくれないかな?」

「読者モデルをしている男性に、部屋でくつろいでいる写真を撮ってほしいと言われて、つい。自分じゃ撮れないのは分かるからね」(28歳/編集)

○こちらはあくまでも「手伝ってあげてるふう」になるから嬉しい誘い文句です。


●その3:「アボカドをいっぱいもらったんだ」

「毎日食べてるくらいアボカドが大好き。こう言われたらついていきやすい。相手はそのこと知ってたのかもしれないけど」(26歳/ライター)

○お裾分けする心はおばちゃんっぽいけど、たしかに好物は魅力的!


●その4:「ひとりじゃホラー映画、観られなくて。お願い!」

「ベタな誘いですが、『ホラーが怖くてひとりじゃ観られないオレ』ってかわいいじゃないですか。ギャップがあって悪くない」(25歳/Webディレクター)

○母性をくすぐるセリフと、ギャップを使ってくるなんて、なかなかやりますね!


●その5:「うちのネコ、ターキッシュアンゴラなんだ。超きもちいいよ」

「私、ネコ好きなんです。ターキッシュアンゴラが高級猫で、絹のような手触りの毛だと知っていたので1度は触ってみたいと思っていたんです。ネコ好きなら憧れの品種ですよ!」(29歳/秘書)

○ペットを使った誘い方はベタだけど、最高品種を使ってくるとは恐れ入った!


●その6:「うちで運動しようよ」

「運動不足だって話していたらその流れで。直球なところが逆に新鮮だった」(31歳/事務)

○「うちで運動する」ってWii Fit的なものなのか、アレの比喩表現なのか......。


●その7:「うちにこの荷物、置きに寄っていい?」

「突然、相手の男性がドラッグストアで洗剤を3つほど買ったんです。なんで今買うのって疑問に思う間もなく、流れるように自然に買われました。洗剤重たそうなので断れませんでした」(28歳/公務員)

○家の近くで飲んで、その近くのドラッグストアに寄る、その男いわく「洗剤手法」なのだとか!


●その8:「うちのメルが君に会いたがってる」

「『メルって何やねん?』とつっこみ入れたくなるけど、家に行くまで秘密だと言うから、行ってみました。ちなみにメルはトカゲでした......」(29歳/サービス業)

○かなり芝居がかった誘い文句ですが、ある意味ノリやすいですよね。


●その9:「うちにワンピース全巻あるよ」

「私がワンピース好きだというのを覚えていたみたいで。漫喫に行くようなものだ、と納得して行っちゃいました」(30歳/広告)

○これは「行く」って言いやすい! 『ワンピース』(集英社)の単行本は60冊以上出てるので借りると大変ですしね。


●その10:「うちでビリヤードしようぜ」

「なんと、部屋にビリヤード台? と気になったので行ってみると、超広い高級マンションで、本格的なビリヤード台がありました!」(29歳/アパレル)

○「うちでダーツ」はあっても、なかなかビリヤードはないので珍しい! さりげなく財力までチラつかせる高等テク。

言い訳しやすい誘い文句で口説いて欲しい!

 こんなこと言われたらつい行ってしまう気持ち、よく分かります。

 女子に"言い訳"をさせてくれる男子は魅力的! 複雑な乙女心を理解して、プレゼン力のあるセリフで誘って欲しいですね。



【関連記事】「芸能人のヤバいビデオは存在する」関東連合元OBが激白



Written by Gow! Magazine編集部/Gow! Magazine
Photo by luxt.design

全文を表示