堀江貴文氏による「6月20日に出頭」のつぶやき ライブドア元社長の堀江貴文氏は2011年6月20日、自身のツイッターで今日20日に収監のため東京高等検察庁に出頭することを明らかにした。堀江氏はライブドアの粉飾決算事件で証券取引法違反の罪に問われ懲役2年6ヶ月の実刑が確定していた。

 堀江氏は20日の明け方3時半頃、自身のツイッターで、

「明日の13時くらいに、霞が関にある東京高等検察庁に出頭することになりました」

と報告。その上で、

「囲み取材は100mくらい離れた場所にある『弁護士会館』の前で行う予定。 弁護士会館前には12時半過ぎに到着予定なので、お見送りしてくださる方はこちらで お願いします」

とつぶやいた。堀江氏は「明日」という表現を使っているか、ほぼ同時に更新されたブログでは「2011年6月20日(月曜日)午後13時過ぎ、東京高等検察庁に出頭する予定」と記しているため、今日20日に出頭するものと考えられる。

 堀江貴文氏は東京大学在学中の1996年に会社を設立。ネット事業を基盤としながらM&A(企業の合併・買収)を積極的に進め、様々な事業を展開した。2004年近鉄バファローズの買収を表明。参入は認められなかったが、球界の再編を促した。翌2005年にはニッポン放送の買収を試みたが、失敗に終わった。同2005年衆院選に無所属で立候補したが、亀井静香氏に敗れた。

 これらの一連の騒動により「時代の寵児」として引っ張りだこに。「想定内」という発言が新語・流行語大賞(2005年)にも選ばれるほどの活躍を見せた。しかし2006年1月16日、証券取引法違反の容疑で東京地検特捜部からライブドア本社などの強制捜査を受け、後に逮捕。自身の無罪を主張したが、一審と二審の裁判所は有罪判決を宣告。最高裁が上告を棄却したことにより懲役2年6ヶ月の実刑判決が確定し、収監されることになった。

 堀江氏は、自身のブログの最後に、

「いままで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。そして、一連のライブドア事件に関しまして、ご迷惑をおかけした方々に心よりお詫び申し上げます」

と感謝と謝罪の気持ちを綴っており、「今後ともご支援をいただけると幸いです。何卒、よろしくお願い致します」と結んでいる。

丹羽一臣

◇関連サイト
・堀江貴文氏による「6月20日に出頭」のつぶやき - ツイッター
http://twitter.com/#!/takapon_jp/status/82517166670364672
・東京高等検察庁への出頭につきまして。 - 堀江貴文オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10928365814.html

堀江貴文氏による「6月20日に出頭」のつぶやき