興味津々な様子で映像を見つめる緑川光と置鮎龍太郎
クランクイン!

 22日、幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2013「バンダイナムコ」ブースにて、『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』スペシャルステージが開催され、マサキ・アンドー役の緑川光、ライディース・F・ブランシュタイン役の置鮎龍太郎、そして本作のチーフプロデューサーの寺田貴信氏が登場した。

【関連】東京ゲームショウ2013を彩る美女たち!250枚コンパニオンフォト特集<TGS 2013>

 『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』は、20年以上の歴史を誇る『スーパーロボット大戦』でオリジナル主人公機として登場し、『スーパーロボット大戦OG』シリーズでも活躍するロボットたちによる対戦アクションゲーム。さまざまなバトル・スタイルを持つロボットの操作や戦闘、そして派手な必殺技の演出が楽しめる。

 本作の発売を楽しみにする多数の来場者たちが集った同イベント。チーフプロデューサーの寺田氏は「椎間板ヘルニアが悪化して今日ここに来るのでやっとだった」と腰をかばうと、緑川も「こんなにたくさんの人が来てくれるなんて嬉しいです。でも僕も4、5日前から腰が痛くて(笑)」と挨拶。つづく置鮎も「寺田さん、緑川さんと同様ちょっと腰痛です。今日は3メガネ、3腰痛でお届けします(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

 『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』の映像がスクリーンに映し出されると、会場からは場面が切り替わるごとに「おぉ~」と歓声があがり、ファンの最新作への期待の高さをうかがわせると、緑川は「お客さんだけじゃなく僕も見入ってしまいました。サイバスターが出す必殺技・コスモノヴァの魔法陣がめちゃめちゃかっこいい。鳥肌ものでした! キュンキュンしました!(笑)」と大興奮。さらにバンダイナムコゲームスのスタッフによる実演でサイバスターが登場すると「僕の機体を大事に使ってくださいよ!」とサイバスターへの思い入れたっぷりの様子だった。

 11月末に発売予定の本作は、期間限定版の発売も予定されており、この日寺田氏の口から詳細が明らかにされた。2014年3月末までの期間限定版には、来年春に発売されるPS3の新作ゲーム『スーパーロボット大戦OG ダークプリズン』がダウンロードできるシリアルコードが付いており、いち早く遊ぶことができる。さらに期間限定版は8980円という価格で発売することも明かされ、それぞれ単体で購入した場合より1500円お得となる。
 
 PS3用ソフト『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』は2013年11月28日発売予定。通常版7480円。期間限定版8980円。

全文を表示