「死の油」で心疾患のリスク増加!? 普通にスーパー、コンビニに並ぶ危険な食品
東京ブレイキングニュース

 ドキッとするタイトルですがこれは是非皆さんに知っておいていただきたいです。死の油というのはズバリ、トランス脂肪酸のことです。 トランス脂肪酸は心疾患のリスク増加が認められてWHOでは使用量を抑える勧告が出されています。

 ところが日本では規制がありません。トランス脂肪酸は植物油に水素を加えて安定させたものです。 輸送や加工がしやすく想像以上に私達の身近に広まっています。コンビニでは使ってない食品のほうが少ないんじゃないかと思うくらいです。  

 ちなみにコーヒーフレッシュはサラダ油にいろいろ混ぜたもので、トランス脂肪酸も入ってると思われます。  考えてみて下さい。 常温で牛乳をずっと置いといたら腐ってしまいますよね。 

 このようにトランス脂肪酸は姿を変えて私たちの日常に潜んでいます。本来は国が規制をすべきだと思いますが、無規制な以上自分の身は自分で守しかありません。食品を買う時は原材料表示を確認しましょう。そこにマーガリン、ショートニング、ファットスプレッドの文字があればトランス脂肪酸が入っていると思ってください。安いアイスクリームも「植物油」とかかれてます。 そちらも注意しましょう。

 また、油が高温になるとトランス脂肪酸が発生します。天ぷらやフライなどの揚げ物にも入っていると思って置いた方がいいでしょう。 ポテトチップスなどのスナック菓子も揚げて作られているので同じです。 スーパーなどでお惣菜を大量に作る場合は大量の油を高温で熱し続けるのでトランス脂肪酸の発生率も高くなります。揚げ物が食べたい場合は家庭や料理屋で一度使った油は捨てるようにして作るといいですね。

 こうして見ると食べるものがないと思われるかもしれませんが、大事なのは「知っている」ということなんです。 

 知っていればトランス脂肪酸の入ったものを食べたら次の食事では野菜中心のヘルシーな食事にしたり対策できるわけですから。トランス脂肪酸をさけると菓子パンやスナック菓子、揚げ物といった高カロリーなものを避けるようになりますので自然とダイエットにもなります。健康になってダイエットできるのですから一石二鳥です。



【関連記事】乾燥肌で一気に老け顔!? 「秋の肌劣化」を解消するには



Written by 大野崇(プロキックボクサー、元K-1 JAPAN選手、トレーナー)

Photo by Suat Eman

全文を表示