「進撃の巨人 悔いなき選択 プロローグ」扉イラスト。原作/諫山創(「進撃の巨人」) ストーリー原案/砂阿久雁(ニトロプラス) 漫画/駿河ヒカル 協力/「進撃の巨人」製作委員会
コミックナタリー

本日9月28日に発売されたARIA11月号(講談社)には、諫山創「進撃の巨人」を駿河ヒカルが描くスピンオフ連載「進撃の巨人 悔いなき選択」のプロローグが掲載されている。ストーリー原案を手がけたのは、ニトロプラスの砂阿久雁。

【大きな画像をもっと見る】

「進撃の巨人 悔いなき選択」は、“王都のゴロツキ”リヴァイと調査兵団のエルヴィン、2人の出会いを描いたエピソード。本格連載は11月28日発売のARIA2014年1月号より始動する。

なお発売中のアニメ「進撃の巨人」Blu-ray&DVD3巻に初回特典として付いているビジュアルノベルVol.1には、「悔いなき選択」の予告編が収録。Vol.2は12月18日発売のBlu-ray&DVD6巻の初回特典に収められる。

ほかにも今号には、城戸みつるの新連載「北斎先生!!」がスタート。「講談社×pixivまんがスカウトFes」で話題を読んだ4コママンガだ。次号ARIA12月号は10月28日発売。「K」に登場する組織・セプター4の寮を舞台とした「K デイズ・オブ・ブルー」が開幕する。

全文を表示