ニコニコニュース(オリジナル)

 アメリカ・ロサンゼルスで2011年7月1日から4日(現地時間)までの間、北米最大級のアニメフェスティバル「Anime Expo」が開催されている。同フェスティバルでは、バーチャルシンガー・初音ミクの海外初ライブも行われる予定だ。

 ボーカロイド「初音ミク」を販売するクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の伊藤博之代表取締役とVOCALOID製品企画・制作責任者の佐々木渉氏は、初音ミクの海外初ライブ開催を直前に控え、現地でジェイムス・スパーン氏のインタビューに応じた。伊藤氏は、初音ミクの海外展開について「どちらかというとアジア向けのコンテンツで、アメリカで流行るのは難しい」とした一方で、「世界をつなげる『ノリ』みたいなものに初音ミクがなっていければいい」との期待の思いも明かした。

 以下、インタビューの一部を書き起こして紹介する。

ジェイムス・スパーン氏(以下、ジェイムス氏): 今回のAnime Expoにあわせて、初音ミクが初めて大々的に海外に進出するということで、その経緯を教えてください。

伊藤博之代表取締役(以下、伊藤氏): 初音ミクという、実在しないキャラクターがソフトとしてあって、その曲が何万曲とユーザーによって作られています。前からそれをコンサートにできると良いと思っていたのですが、本人がいないのでなかなか実現できませんでした。

 初音ミクの映像を映したライブが2009年の8月31日に日本で実験的におこなわれ、それを受けて2010年3月9日にZepp Tokyoで2500人キャパでの大規模なライブが実現しました。その映像がネットを通じて世界に配信され、その評判をみて世界中からライブをしてほしいというリクエストを受けることになったんです。

 今回のライブがその最初のケースとして、われわれ的にも実験的に、どの程度海外で初音ミクのニーズがあるかというのを見たいと思っています。もしかしたら誰も来ないかもしれないですしね(笑)。結果的には、非常に多くの方に見ていただけそうなので非常に驚いていますし、また、今後につながるだろうと思っているところです。

ジェイムス氏: 今回NOKIA Theatre(ノキアシアター)で初音ミクがライブやることになって、4000席が瞬間的に売り切れたと聞きました。海外でも流行っていくのではないかと思っているのですが、そのあたりはどう思いますか。

伊藤氏: ノキアシアターは全部で7000席あるのですけど、今年の3月に見学に来た時に「7000席は売れないよね」という話をして。で、「全部借りなくていいよね」ということになったんです。正確に何席あるかまでは覚えていませんが、4000席もあれば十分くらいの気持ちだったのですが、それがすべて完売したということで急遽、最初借りなかった席も借りるように計画を変更したんですよ。

 とはいえ、アメリカで初音ミクが流行るかというと・・・多分そこまで市民権を得るのは難しいと考えています。日本はアジアと文化圏が近いですし、初音ミクもどちらかというとアジア向けのコンテンツなのかなと思っています。

 ただ、今はインターネットで、例えばニコニコ動画もそうですけど、世界中がつながっていますし、動画やコンテンツっていうのは、良いものであれば地域は関係なく受け入れられていく傾向があります。だから、アメリカに限らず世界がつながっていて、その世界をつなげる「ノリ」みたいなものに初音ミクがなっていければいいと思っています。

ジェイムス氏: 今回、アメリカでライブをやって、その次はどこまでいくぞという期待感を持っていますでしょうか。

佐々木渉氏: 少し計り知れないところはあるのですが、AppleのiTunes Music Storeで楽曲を購入して下さっている方々の中で、多いものだと半数くらいがアメリカ圏の方だったりするケースもあります。若い人をベースに、まだまだ需要があるという期待はしていて、その層がどんどん厚くなっていけば、また色々な展開が見えてくるのかもしれません。いろいろと勉強をしながら、考えて行きたいと思っています。

(了)

(文・飯田城弘、編集・丹羽一臣

◇関連サイト
・Anime Expo 2011×ニコニコ動画(原宿) - 特設サイト
http://www.nicovideo.jp/expo2011/animeexpo
・[ニコニコ生放送]初音ミク「MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES」 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv54164376?po=news&ref=news

全文を表示