ガジェット通信

日本マクドナルドホールディングスは7日、10月の月次セールスレポートを発表した。

それによると、全店売上高は前年同月比で-8.8%、既存店(13か月以上開店している店舗)売上高は-9.7%、客数は-13.9%、客単価が4.9%となっている。客数の13.9%減少という数字は、過去2年間遡ってみても最大の落ち込みだ。

ちなみに、他のファストフードチェーンの直近の売上高を調べてみると、モスバーガーが前年比106.9%、ケンタッキーが94.6%、吉野家が106.0%、松屋が100.4%となっている。

マクドナルドは今年9月に、『ビッグマック』をはじめとするレギュラーメニューで最大20%以上にもなる大幅値上げを実施。10月に発売された『グラコロ』も昨年より1割程度値上げされるなど、客単価を上げるための試みが続いていた。しかし、ネットでは値上げ発表直後から「これならモスに行くわ」「マックに高級路線なんて誰も望んでない」といった批判的な書き込みが相次いでおり、彼らが実際に競合他社に流れたことは数字にも現れている。

また、9月の値上げと同時に導入された店舗の立地によって異なる価格設定についても、店に行ってみるまで価格がわからず、公式サイトのメニューにも価格が記載されていない点がユーザーから大不評。このところどうもユーザーのニーズをつかみきれていないマクドナルド。社長が交代しても迷走はまだしばらく続きそうだ。

日本マクドナルドホールディングス株式会社月次セールスレポート[リンク]

http://www.mcd-holdings.co.jp/financial/monthly/

画像:『マクドナルド公式サイト』より

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

全文を表示