容姿が悪いのは決して本人の責任ではないが、何かと不利な目に遭うのも事実かもしれない。中国では先日、容姿のあまり良くない男性が現れたことに驚いた女性が転倒。ケガを負い、警察沙汰に発展したという。中国紙済魯晩報などが報じている。

この一件は10月29日の午前5時ごろ、大連市甘井子区の大連湾村で暮らす劉さんが、夜間勤務を終えて帰宅する途中で起きた。劉さんは同僚の王さんと2人で自転車に乗っていたが、目の前を通りかかった貨物車の運転席から1人の男性が降りて来て、劉さんたちのほうへ近寄ってきたという。

劉さんはもともと気が小さい性格だったとも伝えられているが、そのとき、劉さんは男性が現れたこと、ではなく、その顔を見てビックリ。あまりにも醜い容貌にハンドルの操作を誤り、王さんの自転車ともつれるようにして転倒してしまったのだ。

男性はすぐに「自分はただ道を尋ねたいだけだった」と釈明したが、転倒した劉さんは気が収まらない。と言うのも、劉さんは転倒時に4本の歯を破損してしまったためだ。自分と違い、相手がまったく無傷であることも受け入れ難く、その場から立ち去ろうとした男性の行く手を阻み、劉さんと男性との間で一悶着が起きてしまった。

こうしてささいな出来事はついには警察沙汰へと発展。現場に公安が駆けつけ、仲裁を行い、最終的に男性が劉さんに500元(約8,000円)補償することでやっと問題が片付いたそうだ。

全文を表示