『ダ・ヴィンチ』12月号(KADOKAWA/メディアファクトリー)
ダ・ヴィンチニュース

 高橋留美子描き下ろしのラムちゃんが表紙を飾る『ダ・ヴィンチ』12月号では、デビュー35周年を迎えた高橋留美子の大特集をしている。あだち充との対談(しかも、あだち充描き下ろしのラムちゃん、高橋留美子描き下ろしの南ちゃんという夢のようなサイン色紙プレゼントつき!)、京極夏彦との対談、そして本人のロングインタビューに、俳優・中村蒼が犬夜叉に扮する豪華グラビア企画まで、永久保存版とするべき特集号となっている。

関連情報を含む記事はこちら

 特集では、読者279名(有効回答者総数。複数回答有)を対象に好きなキャラクターアンケートを実施。特筆すべきは、回答者の年齢層の広さ。最年少は11歳、最年長は58歳と、その差はなんと47歳! これだけで、高橋留美子作品がいかに幅広い世代から愛されているかわかるというもの。

 ランキングベスト30のうち、ここではベスト5を紹介しよう。

1位 146PT ラム(『うる星やつら』)
●宇宙一可愛いエイリアン。浮気性でだらしなく、特に長所もないあたるを一途に思うラムちゃんは全男の理想の彼女じゃないでしょうか?(37・女)
●ラムちゃんの虎柄ビキニに憧れていました(38・女)

2位 131PT 早乙女乱馬(『らんま1/2』)
●ただのかっこいい主人公じゃなくて、卑怯だったり、自意識過剰だったり、そういうちょっと人間くさいところが好きです。でもいざというときは、あかねのことをちゃんと守ってあげるところが男らしい!(23・女)

3位 116PT 音無響子(『めぞん一刻』)
●美人で家庭的で理想的な女性。この人を守るために一生を賭けたいと本気で思える(28・男)
●気のない風を装いながら、その実五代くんにしっかりやきもちを焼いている響子さんは少しめんどくさい女性にも見えるが、そこがかえって魅力的に感じる(20・女)

4位 104PT 天道あかね(『らんま1/2』)
●こんな女子になりたかったと思わせるキュートさです。乱馬を前にすると、意地をはってしまうとこや、素直になれないところが可愛い(31・女)
●美少女設定なのに料理が下手とかのギャップがかわいい(38・女)

5位 96PT 犬夜叉(『犬夜叉』)
●正義感が強く、まっすぐで、優しくて、半妖というコンプレックスに負けずに懸命に生きているから(41・女)
●悩みながらも、人を知り、人を守り、人を愛することで成長していく過程がとても好き(27・女)


 各世代からの安定した得票数で1位を獲得したのは『うる星やつら』のラム。美人で強くてスタイル抜群。一見最強なのに、一途に愛するのはなぜか諸星あたる……というキュートなキャラが、幅広い層から愛されたのは納得の結果か。ちなみに男女別に順位を見ると、女性票で第7位の音無響子が、男性票では1位に浮上しているのが興味深い。響子のわがままや自分勝手さも含めて「好き」「かわいい」とする男性意見が多く寄せられたが、女性は素直にそうは思えない!?

 もうひとつ注目したいのが、キャラクターの多彩さ。今回は誌面の関係で全てを載せることはできなかったが、実際はなんと126ものキャラクターに票が入っている。主役級キャラだけでなく、悪役や脇役も愛さずにはいられない。これも高橋留美子作品の大きな魅力のひとつなのだ。

 特集では6位以下全30位&濃い口少数意見を掲載。しかし、上位5位を見てもわかるようにその獲得票数はかなりの接戦ぶり。あなたのお気に入りキャラクターは何位だ!?


構成・文=榎本明日香/ダ・ヴィンチ12月号「大人の高橋留美子だっちゃ!」特集

全文を表示