インターネットの掲示板やSNSでよく見かけるネットスラング。皆さんはどれくらい知っていますか? 頻繁に見る言葉だけどいまいち使い方が分からない、でも今更人に聞くのも......なんて人もいるのでは? そこで今回は、掲示板などで使われてはいるけれど、意外と認知度の低かった言葉5つを紹介します。

■認知度ワースト5
1位「ksk」...29.4%
2位「jk」...36.9%
3位「gkbr」...43.5%
4位「ggrks」...52.9%
5位「GJ」...56.2%

「ksk」「jk」「gkbr」などは半数以上が知らないという結果に。数あるネット用語ですが、浸透具合には差があるようです。では、これらの言葉は実際どんな意味で、どのように使われているのでしょうか。詳しく見てみましょう。

■ksk
こちらは「かそく」と読み、漢字にすると「加速」になります。なにを加速させるのかというと、掲示板のレスを埋める速度のこと。

1:レス500超えたら、おまえらの好きな画像貼ってやる。
2:ksk
3:ksk
4:kskはよ!
...
というように、レスを消化することを目的に「ksk」一文字のみを書き込む場合が多いようです。まさに掲示板サイト専用のネットスラングといった感じですね。インターネットの掲示板を見ない人は、あまり目にしないかもしれません。認知度が低いのもうなずけます。

■jk
「jk? 女子高生の略でしょ?」と思った人は少なくないはず。しかし、別の意味でも使われているみたいです。それは「常識的に考えて」の略語。「常識的に考えて」→「常考」→「jyoukou」→「jk」と進化(?)をとげた様子。「メイドには黒タイツが鉄板だろjk」といったコメントを2chで発見しましたが「常識的に考えてメイドには黒タイツが鉄板だろ」という意味だと思われます。

■gkbr
こちらの言葉はなんと、擬態語をアルファベットで表記したものなのです。
「ガクガクブルブル」→「gakugakuburuburu」→「gkbr」と、かなり省略された模様。「うちの爺ちゃんが入れ歯をはめてるのを初めて見た時、マジでgkbrした」のように、恐怖や怯えを表すときに使われているようです。擬態語が語源だけに震える様子が目に浮かんで、何だか臨場感がありますよね。

■ggrks
「ggrks」は「ググれカス」と読みます。「ググる」は「グーグルで検索する」という意味。つまり「ググれ」で「グーグルで検索しろ」と命令形になるんですね。

100:東京オリンピックって結局いつ開催されるんだっけ?
101:100>>ggrks

のように、ネットで検索したらすぐに分かるようなことを、掲示板やSNSで質問してくる人に対して使われるようです。自分で調べないとカス扱いされてしまいますが、「ks」のようにアルファベット表記なら、そこまで悪意は感じられない気もします。

■ GJ
「GJ」は「good job」の略。
89: さっき、店の前で暴れている人見かけたから警察呼んどいた。
93:89>>GJ
のように、良い働きをした人に対して使われるネット用語です。普段の会話でも「グッジョブ」なんて言いますよね。この言葉をかけられると評価されたようで、何だか嬉しい気持ちになりそうです。

◆総評
いかがでしたか? 実はあまり掲示板などを見ることがない筆者、ネット用語と言えば「詳細キボンヌ」や「オワタ\(^o^)/」などを思い浮かべるのですが、それらはもはや死語だったんですね......。時勢に合わせて日々進化しているネットスラング。さすがに、仕事やフォーマルな場では使えませんが、SNSや掲示板などで絶妙なタイミングに使うと、話題も盛り上がるかも?

文●松原麻依(清談社)

調査機関:2013年10月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象件数:20代の男女学生361人(インターネットログイン式アンケート)


暖かい家族の空気も一瞬で凍りつく、親世代の死語

全文を表示