ニコニコニュース オリジナル

 女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」は2011年7月17日(現地時間)、ワールドカップでアメリカを下し優勝した。この決勝戦の前、ビーチサッカー日本代表のラモス瑠偉監督が「優勝したら澤(穂希選手)にキスをする」と宣言しており、インターネット上では「約束を守れ」との声があがっている。

 ラモス監督は決勝戦の前の7月12日、自身がプロデュースしたフットサル場のオープンイベント後、快進撃を続けていたなでしこジャパンについて問われると、

「優勝したら空港で澤(選手)にキスをする。ホッペじゃなくリップ(唇)だよ」

と報道陣らに宣言。「奥さんに許可をもらうから大丈夫」とも発言したとされている。

 なでしこジャパンの優勝を受け、インターネット上では「澤逃げてー」「ラモスから澤を守るんだ」「澤選手にも選ぶ権利がある」と澤選手を守ろうとする声が多くあがっている。その一方で、サッカー解説者のセルジオ越後氏が、

「ラモス、約束は守れよな。髭剃ってこいって言われるかもな」

と自身のツイッターでつぶやき、これに後押しされるように「約束守れよ」「ラモスは逃げるな」とキスの実現に期待を寄せている声も増えてきている。

 澤選手は今大会最多の5得点あげた最優秀選手(MVP)。一部ファンからは「国民栄誉賞を」との意見も出ている。帰国時の空港では、アメリカを翻弄したあの機動力でなんとかラモス監督から無事逃げきって欲しい、そう心から願うばかりだ。

(丹羽一臣)

◇関連サイト
・セルジオ越後 - ツイッター
http://twitter.com/sergio_echigo

全文を表示