「最悪の映画エンディング」1位:『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(C) AFLO
クランクイン!

 いい感じで映画を観ていたら、最後のエンディングでがっかりさせられてしまったという経験は誰にでもあるはず。Hollywood.comが「最悪の映画エンディング」トップ10を選出、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ完結編『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(04)が1位に選ばれてしまった。

【関連】「最悪のエンディング」に選ばれてしまった10作品の場面写真

 詳しい選出方法は不明だが、どうやら同サイトの編集部選出と思われるこのランキング。日本でも大ヒットした超大作で監督も一流という作品が多い。例えば1位に選ばれた『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』。「もういい加減に終わってくれ」というエンディングに問題があるのだとか。フロドとサムが滅びの山から帰還できたところで終わるかと思えば、アラゴルンが中つ国の王になりアルウェンを妃に迎える。そしてフロドが旅の体験談を執筆し始めて終わるかと思えば、書きかけの書物をサムに託して、ガンダルフらと共に再び旅へ…と、映画のエンディングこそが終わりなき旅に思えるようだ。

 2位に『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』(83)が選ばれた理由は、イウォークたちに原因があるのだとか。イウォークたちは確かにかわいいが、最後にみんなでキスやハグをし合って、踊り回ってるのはやりすぎとの判断したよう。

 トム・クルーズ主演『宇宙戦争』(05)は3位にランキング。トム演じるレイが最後、元妻が住む町に辿り着くが、その町は宇宙人の攻撃に一切さらされておらず、家族全員が無事というエンディングは完璧すぎるとのこと。

 選ばれた作品はどれも日本で公開されており、DVDなどで視聴可能。お正月休みに暇な方は観直してみるのもいいかもしれない!?

<Hollywood.com選出「最悪の映画エンディング」トップ10> 
1位 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(04)
2位 『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』(83)
3位 『宇宙戦争』(05)
4位 『アビス』(90)
5位 『レディ・イン・ザ・ウォーター』(06)
6位 『オーストラリア』(09)
7位 『ブロードキャスト・ニュース』(88)
8位 『オーシャンズ11』(02)
9位 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(08)
10位 『ノーカントリー』(08)

全文を表示