ニコニコニュース オリジナル

 ニコニコ生放送で2011年7月15日、「ニコ生キャラトーク~長年愛されるキャラクターとは?~」が放送。メディアジャーナリスト・津田大介氏、作家・あさのますみ氏、角川書店代表取締役社長で、アニメ雑誌『ニュータイプ』の元編集長の井上伸一郎氏が出演。アニメ、特撮などのキャラクターへの思い入れを熱く語った。井上氏は、自分が好きになるキャラクターの条件に「デザインとキャラクターの魅力が一体となっていること」を持論として挙げた。

 井上氏は、

「デザインを見た瞬間に、このキャラクターが何者なのかがわかるというのが、優れたキャラクターデザインであると常に思っている」

と語り、その最たるものが松本零士氏の代表作『銀河鉄道999』の「メーテル」であると、サイン入り色紙を見せながら、その名を挙げた。「主人公の星野鉄郎は少年をさらにデフォルメして頭が大きくて3頭身くらい、(それに対して)メーテルは必要以上にスラっとして背が高い、さらに頭の上に背の高さを補完する帽子もかぶっていて、まさに大人の女性。私にとってのファム・ファタール(運命の女)」と絶賛。視聴者からは「メーテルの記号性は完璧だ」というコメントもあった。井上氏はそのほか、「人造人間キカイダー」「初代ウルトラマン」「ファイブスター物語のレッドミラージュ」「新世紀エヴァンゲリオンの綾波レイ」を優れたキャラクターデザイン、好きなキャラクターとして挙げていた。

 あさの氏は「アンパンマン」を挙げた。「絵本を描くときに調べると、子どもたちはアンパンマンより好きなものはないんじゃないか!? と思うくらい大好き」と語る。その人気の理由について「まず食べ物だから。持って生まれた本能的興味。あと、造詣が丸い。顔も丸、ほっぺも丸、目も丸」と分析。その意見に井上氏も「子供は丸いもの好きだからね」と賛同していた。あさの氏がほかに挙げた好きなキャラクターは「ウォレスとグルミット」。一番好きなのは「トイ・ストーリーのウッディ」だそうだ。

 そして津田氏は「ドアラ」を一押し。8歳位からプロ野球の中日ドラゴンズファンという津田氏は、「ドアラは中日ファンじゃなくても好きという人もいて、広がりを見せている」と紹介した。しかし、あさの氏は「中日のキャラだと今知りました」と衝撃の告白。津田氏はあっけに取られながら、「それはおかしいでしょう。一般常識なさすぎですよ」と熱くなってあさの氏を責めていた。津田氏がそのほかに挙げた最近好きなキャラクターは「ワンピースのチョッパー」と「初音ミク」だった。

(板井二郎)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 井上氏の好きなキャラクターとその理由から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv55861031?po=news&ref=news#31:25
・[ニコニコ生放送] 津田氏のドアラ押しから視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv55861031?po=news&ref=news#20:14

全文を表示