ニコニコニュース オリジナル

 民主党の原口一博前総務大臣は2011年7月16日、BSジャパン「勝間和代#デキビジ」に出演。その収録の模様がニコニコ動画で生中継された。原口氏は、「脱原発依存」の方針を表明した菅直人首相について、手順と工程のなさに苦言を呈しながらも「今回(=脱原発依存の方針)は間違っていない」と語った。

 菅直人首相は2011年7月13日の記者会見で、「脱原発依存」の方針を表明した。番組の中で、司会の勝間和代氏が「実際に、民主党内で『原発に対してこうすべきだ』というのは、どういう意思決定で、誰がやっているのか。そこが分からない」と第一次菅内閣で総務大臣を務めた原口氏に疑問をぶつけた。これを受けて、原口氏は「それは党の中の部会があって、政調(=政策調査会)を通して決めていく。ここは正直言って(さまざまな意見が民主党内で)すごくせめぎ合っている」とした上で、

「エネルギーのパラダイム・チェンジ。(今は)独占的に、集中的に、排他的に、そして大規模にエネルギーを作る人が支配者(がいる)。それを分散型で、きれいなエネルギーで、そしてそれぞれがエネルギーを作る権利を持つ『エネルギーの市民化』をやろうとしている。これは強い」

と解説。さらに勝間氏が「菅首相はそこまで理解しているのか。あの手、この手、その手でバラバラと施策が飛ぶので、何を目指してそれ(=原発に対する施策)を言っているのかよく分からない」と踏み込むと、原口氏は「(菅首相の発言は)断片的だという印象は、やはり受ける」とした上で、

「だけど直感力で『こっちだ』と指し示すのは、今回(の脱原発依存)は間違っていないと思う」

と語り、菅首相の「脱原発依存」の方針を評価した。一方で、原口氏は「やっぱり国家経営という立場からすると、大方針を出して、その大方針に基づく手順と工程が必要だ。それがないから『え、大丈夫なの!?』(となる)」とも語り、苦言を呈していた。

(山下真史)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 勝間氏の民主党内での原子力政策に関する質問部分から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv56728715?po=news&ref=news#21:00

全文を表示