萌えミリタリー関連書籍が増加中
NEWSポストセブン

 Twitter で共通の話題をつぶやく際に使用されるハッシュタグで「艦これ」は2013 年の日本1 位を記録した。「艦隊これくしょん~艦これ~」は美少女に擬人化された日本海軍の軍艦を操り、提督となって戦うブラウザゲームだ。萌えとミリタリーのコラボレーションが人気で、ミリタリー分野も活況だという。萌えミリタリー専門雑誌「MC☆あくしず」副編集長の浅井太輔氏に、萌えミリタリーの可能性と将来への期待を聞いた。
* * *

――萌えミリタリーをきっかけに、ミリタリー分野のすそ野は広がったのでしょうか?

浅井太輔(以下、浅井):ミリタリーはかなり知識が必要なジャンルで、新規参入がしづらい雰囲気がありました。新たに加わる若い人がどんどん減っていて、高齢化していたんです。このままでは市場的にも先細りすると思っていたので、2005 年に「萌えよ! 戦車学校」という、美少女イラストを挿絵にして詳しく戦車について解説した書籍を出版しました。すると予想外の大ヒットとなり、Amazonのランキングでも1 位になったんです。

 この反響のおかげで、萌えとミリタリーを一緒に楽しみたい読者層がかなりいると分かり、2006年には萌えミリタリーファン向けの季刊雑誌「MC☆あくしず」を創刊しました。おかげさまで2013年12月発売の31号まで続いています。

 正直なところミリタリー雑誌というのは多くても5 万部くらいの世界ですが、女子高生が戦車に乗るアニメ「ガールズ&パンツァー」や「艦これ」がブームになったことでミリタリーファン初心者が増え、2013年から部数が増えています。

――「ミリタリー」のコーナーを設ける書店が増えている印象があります。

浅井:昔はミリタリーの本というと、車やバイク、鉄道などの本が置いてあるコーナーの隅に少し置いてあるということが多かったように思えます。ですが、この5 年くらいでミリタリー本を置いてもらえる書店さんが増えてきました。

 これまで戦車や軍艦の同人誌を出し続けてきた作家さんたちに聞いた話ですが、「長く出し続けているけれど、最近は売れ行きが良い」と喜んでいました。ガルパンや艦これとはどこにも書いてないし、美少女のイラストも載っていないのですが、とりあげる戦車や軍艦がそれらに登場するものだと、多くの人が手にとってくれるのだそうです。ガンダムが好きでモビルスーツの解説本を買うように、ガルパンや艦これをきっかけに元の戦車や軍艦を知ろうとする人が増えているんですね。

――MC☆あくしずのムック「日本海軍艦艇 ガールズイラストレイテッド」はページを開くと左は美少女擬人化イラスト、右は詳しい解説記事です。この本を読んで初めて「超ド級」の語源がイギリス戦艦ドレッドノートにあると知りました。

浅井:軍事用語が語源となった言葉は、日本語にはとても多いんですよ。でも、意外に知られていないんです。

「艦これ」というゲームで遊んだことで初めて「超ド級」という言葉の意味を知った人がかなりいるそうです。「ド」というのは「ドレッドノート」という革命的な戦艦の頭文字が由来。ミリタリー用語が一般的になった例のひとつです。ほかには、戦車など足の速い機械化部隊を使用して、敵の弱点を突破して一気に敵を倒す戦法を「電撃戦」というのですが、いまでは一般化して、「電撃結婚」など素早い行動のときに使われていますね。

――日本ではミリタリー関連は愛好していると公に言えない雰囲気が強くありました。

浅井:日本は第二次世界大戦の敗戦国ということもあり長らく軍事アレルギーのような状態でしたが、ようやく最近になってもう少し戦争や軍事について客観的に冷静に見ようという流れになってきました。

 歴史を振り返ると、三国志や戦国時代、幕末の新撰組・白虎隊など、大きなファン層を持つジャンルはいろいろあります。時代は進んでいるので、第二次世界大戦に目を向ける人が多くなったのも当然の流れかもしれません。

――萌えミリタリーが世界へ広がる可能性はあるのでしょうか?

浅井:海外でも尖ったオタクの人たちは日本の流行に乗ろうとするので、ガルパンや擬人化も大好きです。でも、大多数とは言えません。海外でメカの擬人化というと「機関車トーマス」や映画「カーズ」のように、メカに顔がそのままついているものが多いです。

 爆撃機のB-29 を擬人化したアメリカのアニメがありますが、それを見るとB-29の機首に顔がついていて、翼が腕、尾部が足になっています。一家の設定になっているのですが、奥さんもまつ毛が長いだけで顔は機首についており、体は爆撃機のままなんです。日本人のようにバッチリと女の子にはしません。一般的なアメリカ人が軍艦を擬人化したら、舳先に顔を描くんじゃないでしょうか。

 日本の美少女擬人化イラストは発達の極地にあります。同水準に近いのは台湾や韓国、中国くらいでしょうか。「日本海軍艦艇ガールズイラストレイテッド 戦艦・巡洋艦・駆逐艦編」で峯風型駆逐艦「波風」を描いていただいたA 士さんは台湾のイラストレーターさんです。終戦後に中華民国(台湾)へ引き渡された駆逐艦なので、じゃあご当地の人にとイラストをお願いしました。

――萌えミリタリーというと20~30 代男性がメインターゲットになるかと思いますが、他の世代に広がる可能性はあるのでしょうか?

浅井:もし「週刊少年ジャンプ」や日曜朝のアニメや特撮でミリタリーものが始まったら、劇的に変わるでしょうね。いつか、幼児向けに戦車や戦闘機ものの本を出したいと思っています。「はたらくくるまシリーズ」のような感じで、パトカーや消防車、建設機械などと同じように小さなころから親しんでもらいたいですね。ただ、子供のお父さんはいいとしても、お母さんが買うのを許してくれないかもしれませんが(笑)。

――新しくミリタリーに興味を持った人たちは、今後も好きでいてくれそうでしょうか?

浅井:それはやはりブームが去ったら減ってしまうと思います。さすがに「艦これ」ユーザーの150 万人がみんなミリタリーファンになるとは思っていません。ですが、「戦艦と巡洋艦と駆逐艦は違う」とか「戦艦大和以外にもたくさん軍艦があった」というように、軍艦などの基礎知識が、まったくミリタリーに興味がなかった層にも共有されたのはとてもありがたいです。

 もし今の萌えミリタリーブームが去っても、軍艦や戦車の記憶は残っていると思います。5 年後、10 年後に「あのときゲームで遊んだな、アニメで見たな」と思い出して、ミリタリー関連のものを手に取ってくれるきっかけになってほしいと期待しています。もちろん、本音ではブームがずっと続いてくれるのが一番、嬉しいです(笑)。

●浅井太輔(あさい だいすけ)イカロス出版株式会社の季刊誌『MC☆あくしず』、『ミリタリー・クラシックス』副編集長。2005 年出版の『萌えよ! 戦車学校』をはじめ美少女とミリタリーを組み合わせたコンセプトの書籍の編集に数多くたずさわる。2006 年創刊の『MC☆あくしず』は萌えミリタリー雑誌の草分け的存在で、立ち上げから一貫して関わる。好きな艦娘は「神通」と「陸奥」。

全文を表示