鮮やかなボレーシュートで2ゴールを挙げたカジェホン [写真]=Getty Images
サッカーキング

 コッパ・イタリア5回戦が15日に行われ、ナポリとアタランタが対戦した。

 ホーム戦に臨んだナポリだったが、14分にアタランタのジュゼッペ・デ・ルーカに得点を許して、均衡を破られた。しかし、失点直後の15分にホセ・カジェホンが同点ゴールをマーク。左サイドのクロスを右足のダイレクトボレーで合わせて、ゴールネットを揺らした。

 すぐさま追いつくことに成功したナポリは、同点のまま迎えた72分に勝ち越し点を奪う。アタランタのDF陣がゴンサロ・イグアインのオフサイドをアピールする間に、ロレンツォ・インシーニェがシュートを流し込んだ。逆転に成功すると、80分にもカジェホンがギョクハン・インレルのロングボールに反応すると、再びダイレクトボレーを突き刺してチーム3点目を奪った。

 リードを広げたナポリは、2点差を保ったままタイムアップを迎え、3-1と快勝。準々決勝に駒を進めた。

全文を表示