もう20年前ですよ!初代ときメモあるある「幼なじみのはずなのに、最初の藤崎詩織の無表情っぷりがひどい」
マイナビウーマン

1994年に、PCエンジン用ソフトとして発売された『ときめきメモリアル』。その後プレイステーションやセガサターンに移植され大ヒットし、「恋愛シミュレーションゲーム」というジャンルを確立させた作品です。今回は、この「ときメモ」のあるあるを紹介します。

【途中でクリアを諦めたゲーム37.6%「スーマリ」「ドラクエ」「魔界村」】

■お気に入りのキャラは誰だった? 懐かしきときメモのあるあるたち……

●意外と多かった主人公の名前は本名派。(33歳/男性)

やっぱり自分の名前を呼ばれたいですからね!

●誰派かで議論になった。(35歳/男性)

筆者は古式ゆかり派です。

●メインヒロインなのに意外と人気がなかった藤崎詩織。(31歳/男性)

他が個性的でしたし、攻略も難しかったので埋もれがちでしたね。

●虹野さんのウインクがかわいい。(36歳/男性)

あのウインクに魅了された男性も多いはず!

●好雄の情報収集能力は異常だ。(33歳/男性)

彼の情報なしでは恋愛は成就できません。

●幼なじみのはずなのに、最初の藤崎詩織の無表情っぷりがひどい。(34歳/男性)

冷たいですよねー。

●テキトーにプレーしていると、どんどこキャラクターが登場して面倒になる。(33歳/男性)

あまり登場させると管理が面倒でしたからね。

●容姿が足らなくて門前払いされる二年目のクリスマスパーティー。(36歳/男性)

そこは安全策としてパラメータの運動を上げておきましょう。外井ならOKしてくれますよ(笑)。

●お気に入りとは違うキャラを攻略しようとするも、結局またお気に入りを攻略してしまう。(36歳/男性)

涙をのんで別キャラ攻略をしましょう……。

●攻略本を買って各キャラクターのバストの成長を覚えた。(34歳/男性)

これはかなりのやり手です。

●どうでもいいときは邪魔してくるくせに、狙っているときほどイベントが発生しない館林見晴。(33歳/男性)

確か衝突イベントもランダムだったんですよね。

●伊集院に電話しまくる。(30歳/男性)

最後の変わりようは必見です。

●藤崎詩織狙いで各パラメーターを高く成長させていると、狙っていないキャラが勝手にこっちを好きになり、勝手に嫉妬し、勝手に爆弾を爆破させる。(35歳/男性)

キャラクターが登場するフラグの管理もしないと大変でした。

●攻略してゲットしたお気に入りキャラのマスコットをプレー画面に付ける。(39歳/男性)

どの位置にぶら下げるかこだわりがありました。

●一度は聞いておきたい好雄の「女々しい野郎どもの詩」。(33歳/男性)

実はいい曲だったりします。

●PCエンジン版のときメモは青春だった。(35歳/男性)

学生時代、相当やり込んだ人も多かったでしょう。

PCエンジン版からもう20年たっていますが、いまだに恋愛シミュレーションのベストに挙げる人もいますよね。プレー経験のある皆さんは、どんなあるあるがありますか?

(貫井康徳@dcp)

全文を表示