皆さん貯をしていらっしゃるでしょうか。将来の不安を考えると貯はあった方がいいわけですが……。さて、あなたの周りの人は一体どのくらい貯しているのでしょうか。気になりませんか?

【収入の1割? 男女同額? イマドキ夫婦に聞いた”お小遣い額”の決め方とは】

総務省統計局が調べた、計調(貯蓄・負債編)調結果の通年の最新データ(平成24年均結果)をご紹介します。

■勤労者・二人以上世帯の年収と貯蓄均額

年収200万円未満……均:319万円
年収200万円以上-250万円未満……均:556万円
年収250万円以上-300万円未満……均:442万円
年収300万円以上-350万円未満……均:733万円
年収350万円以上-400万円未満……均:658万円
年収400万円以上-450万円未満……均:767万円
年収450万円以上-500万円未満……均:768万円
年収500万円以上-550万円未満……均:922万円
年収550万円以上-600万円未満……均:986万円
年収600万円以上-650万円未満……均:1,031万円
年収650万円以上-700万円未満……均:1,264万円
年収700万円以上-750万円未満……均:1,275万円
年収750万円以上-800万円未満……均:1,352万円
年収800万円以上-900万円未満……均:1,400万円
年収900万円以上-1,000万円未満……均:1,552万円
年収1,000万円以上-1,250万円未満……均:2,101万円
年収1,250万円以上-1,500万円未満……均:2,248万円
年収1,500万円以上……均:3,940万円

データ出典:<貯蓄・負債>貯蓄及び負債の1世帯当たり現在高 「8-2表」
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001110541

……このデータは集計世帯数から抽出率調整を行った結果のものです。

これは、世帯が勤労者(雇われて仕事をしている人という定義:自営業者や会社役員、無職の人などを除きます)である、二人以上で暮らしている世帯に関する調結果です。

年収が上がればその分貯蓄も増えるかというと、そう単純ではないようです。ただし、やはり年収が高い方が貯蓄額も多い傾向は見受けられますね。

ちなみに「持ち率」というデータもあります。年収別に集計してみると以下のようになります。

■勤労者・二人以上世帯の年収と持ち

年収200万円未満……56.5
年収200万円以上-250万円未満……47.3
年収250万円以上-300万円未満……43.6
年収300万円以上-350万円未満……55.5
年収350万円以上-400万円未満……57.6
年収400万円以上-450万円未満……62.3
年収450万円以上-500万円未満……67.1
年収500万円以上-550万円未満……68.0
年収550万円以上-600万円未満……71.7
年収600万円以上-650万円未満……74.2%
年収650万円以上-700万円未満……78.6
年収700万円以上-750万円未満……73.6
年収750万円以上-800万円未満……82.9
年収800万円以上-900万円未満……85.8
年収900万円以上-1,000万円未満……88.0
年収1,000万円以上-1,250万円未満……84.4
年収1,250万円以上-1,500万円未満……87.2%
年収1,500万円以上……92.7

年収1,500万円以上になると、持ち率が9割をえるのですね。ビンボな筆者などは「いいなあ」などと思ってしまいます(笑)

さて、あなたは今いくら貯をしていらっしゃいますか?

(高橋モータースdcp)

年収別の貯蓄金額はこれだ!「年収1,500万円以上……平均:3,940万円」