ウレぴあ総研

引っ越しシーズンまっただ中の3月。 みなさんも新しい生活に向けての準備を進めていることかと思います。 慣れない重労働でヘトヘト、新居のための買い出しもあったりと楽しいことよりも大変なことばかりですよね。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

なかでも大変なのはオタク趣味を持つ人の引っ越し。 なにせ荷物が多い! 多すぎる!大事なフィギュアやアニメDVD、タペストリーにポスターなど、すべてのグッズをまとめてみたら生活必需品よりも圧倒的に多い…なんてことはよくある話ですね。

今回はそんなオタクの引っ越しについて、私の実体験も含めた注意点とオススメ対処法をお教えしますよー!

フィギュアや特殊なグッズの箱は残しておくべし

代表的なオタクグッズといえば2次元キャラクターを3次元に立体化したフィギュアたち。 「ねんどろいど」や「figma」のような小さなものから、スケールフィギュアと呼ばれる大きなものまでさまざまな種類があります。

そうです。 オタクの引っ越しで一番悩ましいのは「フィギュア」のお引っ越し。 これまで飾っていたショーケースや机などの上から、新しいショーケースへ運ぶだけで神経をすり減らすというのに、箱詰めして輸送しなければならないのだから当然です。

そこで活躍するのがフィギュアが入っていた箱と中身(ブリスター)。 輸送してもフィギュアが傷ついたり、破損したりしないように作られているので、残しておけば引っ越しのときに大助かりです。 小さなフィギュアであればクッション材や布、ティッシュなどで包んで対処できますが、大きなスケールフィギュアは購入時の箱を再利用するのがベストでしょう。

フィギュア箱を保存するスペースはどうする?

しかし、箱を保存しておくにもスペースが必要ですよね。 そんな時は箱をたたんでしまえばいいのです! 省スペース!

中身(ブリスター)だけを集めて、大きなものから重ねてしまえば、ある程度はサイズを抑えることができるので、ダンボール箱などに隙間なくしまえば箱だけを積み重ねるよりはるかに小さなスペースで保管できます。 次の引っ越しの時にも役立つので、できるだけ箱は残しておくようにしましょう。

ちなみに各輸送・運輸業者には「美術品輸送」という聞きなれない配達方法が用意されていることもあります。 これは専門のスタッフが絵画や彫刻などの美術品を破損しないように特別な梱包と配送を行ってくれるサービス。 配達料金が通常の10~15倍ほどかかりますが、「これは二度と手に入らないお宝なんだ!」というレアなグッズに利用するのはありかもしれませんよ。

引越し先で使う「収納ケース」は引っ越し前に買う

新しい住居に移ったら、タンスやテーブルなどの新しい家具を購入する人が多いと思います。

その時に「収納ケース」も一緒に買おうと思っているなら、引越し前に購入することをオススメします。引越し業者にもよりますが、収納ケースに入れたものはそのまま運んでもらえることが多いからです。

タペストリーやTシャツなどの布系グッズ、TVゲームソフトなどから、しばらくは収納スペースにしまっておくものを収納ケースに入れて、引っ越し先ではそのまま収納スペースに入れてしまえばいいのです。 ダンボールから収納ケースなどに移し替える作業を疲れた体でする必要はなし。 ラクチン!

あまりにも重いと、運ぶのを断られるかもしれませんので、入れすぎには注意が必要です。

引っ越し業者だけでなく、宅配便も活用

オタクな引っ越しは荷物が多い! とにかく多い! 私も引っ越しの時は「どうしてこうなるまで放っておいたんだ!」と後悔しました。 1日で片付けるのは無理だろうと早々に諦めた私は少ない脳みそを使って何か方法があるはずだと考えました。 それが「家財は引越し業者、グッズは宅配便」という2段階引っ越し法です。

引っ越し業者には家財道具やデスクトップパソコンなどの荷物を運んでもらい、1日かけて新居をセッティング! 時間に余裕があるので、少しだけ買い出しをして、パソコンやテレビのセットアップもゆったりと出来ました。

そして翌日。 引越し業者とは1日遅れで届くように指定日配達を依頼したオタクグッズをお出迎え。 準備万端の棚やショーケースにフィギュアやぬいぐるみなどをディスプレイして、かなり余裕のあるスムーズな引っ越しができました。

引っ越しでまとめて荷物を運んだとしてもオタクグッズを広げるのは、家具をセッティングが終わり、荷物がある程度片付いてからになるでしょう。 もし「その通りだ」と思ったなら、オタクグッズだけをあえて「指定日配達」で送るという思い切った方法もありです。

○○を大量購入しよう

ぷちぷち(エアクッション)を大量購入

凸凹としたエアクッション材(通称・ぷちぷち)を大量に購入しておきましょう。 これかなり便利です。 購入時の箱を捨ててしまったフィギュア、傷つけたくない専用ケース付きのDVD/BDボックスなどを衝撃から守ってくれる優秀な緩衝材です。 さらには食器などの壊れやすい日常生活用品にも使えて一石二鳥です。

しかも、最近はAmazonなどの通販サイトでカンタンに手に入るようになっており、量もたっぷりあって価格は1000円以下というのが多いです。 引越しの荷造り前に購入しておくと便利です。

どうせ引っ越し後は大量のゴミを捨てることになるので、少しくらい増えても気にならないでしょう。

いかがですか? 思い返せば私も引っ越しの時は大変でした…。 なにせフィギュアが大小合わせて300体ほど、マンガやラノベが100冊ほど、そしてCDやDVD/BDが50本ほど、オタクの引っ越し荷物としてはまだまだ少ない方ですが、それでもまとめた荷物の山をみたら「これを向こう(新居)で開けるのか…。」と真っ青になりました。

やはり少しでもラクに引っ越しをしたいなら、引っ越す前に手を打っておくべきですよ。

こちらのレポートもどうぞ!
実写化で期待以上?期待はずれ!? 2014年「人気原作の映画化」まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19832 ]
“オタク係数”○%以上はキケン!? FPが教える「お金と趣味」の理想バランス [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/17613 ]
【進撃の巨人】そこまでやるか! なりきり映像&グッズあれこれ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20653 ]
他人のイラストを不正利用! 悪質な違法業者に狙われるクリエイターたち [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20720 ]
関西のオタクはここに集う! “関西三大オタク街”現地レポート [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20838 ]


全文を表示