野田佳彦財務相は2011年8月13日、テレビ東京の番組『田勢康弘の週刊ニュース新書』に出演し、民主党代表選に出馬する意向を示した。また代表選に勝ち首相に任命された暁には、"救国内閣"として与野党関係なく、自民党や公明党との「大連立」を検討することを明言した。

 野田氏は、今月10日発売の月刊誌『文芸春秋』に「わが政権構想」というタイトルの論文を寄稿。番組の中で「タイトルは私が決めたのではなく、当面の課題への考え方で、政権構想ではない」と説明しながらも、「時機が来れば先頭に立つ覚悟を示した。そういう(代表選出馬への)覚悟は表した」と話し、民主党代表選に出馬する意向を表明した。

 また番組ホストの政治ジャーナリスト田勢氏が、「与野党の壁を越えて、今国民が必要なことをやってもらわないと。大連立をお考えになってはいかがか?」と問いかけると、野田氏は

「仰るとおり。何党うんぬんとか、そんな小さな政治をやっている場合ではない。原発、財政・・・これは与野党が胸襟を開いて話し合っていくことが基本。私はむしろ救国内閣をつくるべきだと思う。そのためには頭を下げて、野党の皆さんに正面玄関からノックして、お願いしていくところから始めなければいけない」

と回答。さらに大江麻理子アナウンサーから「救国内閣とはどういうイメージか?」と訊ねられると、野田氏は

「連立です。そうでないと政治が前進しない」

と明言。「そのことは意識しながらやっていきたい。そのためには与党がまとまっていないとダメ。そこで初めて野党と連立が組めるかどうかという話ができる。いろんなものを乗り越えないといけない」と話した。

(岩本義和)

◇関連サイト
・田勢康弘の週刊ニュース新書 - テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/shinsho/

全文を表示