ニコニコニュース

「ソ連」のニュースまとめ(1268件)

検索結果:1268件

これから「人件費の安い日本」に工場は戻ってくる…ものづくりには「国民性が影響する」という製造のリアル

中国が「グローバルな覇権国家」になることは永久にない…中国から外国人駐在員が逃げ出している当然の理由

「どう見ても自然物ではない」カナダの農園に落ちていた驚くべき物とは?

1950年代、一躍脚光を浴びた前衛作家芥川紗織の生誕100周年を迎えた今、展覧会「芥川紗織:烈しいもの。燃えるもの。強烈なもの。」をNUKAGA GALLERYで開催します。

金正恩が「いま何階のどの部屋にいるか」を常に監視している…世界中の独裁者がアメリカ軍を恐れる本当の理由

『World of Warships』、『アズールレーン』コラボ第六弾はじまる!

ウクライナ戦争の行方を示唆!? ブルガリア空軍「ミグ29」→「F16」転換の実情

「原爆が戦争止めた」は“神話”=根拠乏しい米国防長官見解―アジアの核拡散に歯止めを

ロシアで「見世物」にされる期待の西側戦車 なぜ? ドローンの猛威に顕在化するウクライナの“呪縛”

被害者は50人以上…数々の映画のモチーフにもなった“ロシア史上最悪の殺人鬼”とは?

ウクライナ軍が西側兵器をすぐに旧ソ連機で使えた理由判明!? 「え、コックピットにiPadが」

370万ユーロ調達、宇宙開発事業の問題解決に挑むウクライナKurs Orbital

「空飛ぶ戦車」=「最強!」とはならず 「空挺戦車」がいまいちパッとしなかったワケ “軽さ”は別に活かされた

【知られざる史実を描いた衝撃のノンフィクション】連合国三巨頭による歴史的会談に襲いかかるナチスの陰謀を描く『ローズヴェルト、スターリン、チャーチルを暗殺せよ』、4月25日発売。

隠密作戦に最強の乗り物!? 新型「ボート」もとい「板」がスゴイ! 戦い方をガラッと変える可能性

「米軍がソ連機を飛ばしていた」だと…? 冷戦下の「極秘ミッション」なぜ行われたのか

「トランプ政権」が開けたパンドラの箱…「米による対中政策」、真の思惑とは

ロシア向け!? 大型軍用機に赤星描く様子をエアバスが公開 SNSで話題に

「女の人生フルコース」を歩む。シェイクスピアとともに歩む。各界から注目の翻訳家、初の評伝『逃げても、逃げてもシェイクスピア 翻訳家・松岡和子の仕事』本日発売!

なぜ100年も運用?「太っちょ野郎」B-52 ご長寿だけじゃない、注目すべき逸話とは?

アメリカ原子力潜水艦を改造「キャタピラー・ドライブ」を付けるってマジ!? すでに試作済みの“画期的な装置”とは

日本上空飛来で話題「漆黒の偵察機」U-2が国内で起こした“事件”って? 「あれ何だったの…?」昔もそうだった!

「オッペンハイマー」はいわゆる“ネタバレ”が存在しない作品 知っておくべき史実を多数発見できる【コラム/細野真宏の試写室日記】

【記憶を刻む街、ベルリンを歩く】番外編 ポツダム会談のツェツィーリエンホーフ宮殿

1960年代のベトナム戦争を契機に、〈沖縄の日本復帰〉が実現した“複雑な事情”とは【歴史】

あれもこれも魔改造!? “見たことない兵器”だらけのロシア&ウクライナ 両軍が重宝するソ連の装甲車とは

【週末映画コラム】“原爆の父”と呼ばれた男は一体何者だったのか『オッペンハイマー』/80年代と現代が交錯しながら合体している『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』

朝鮮戦争、講和会議、安保条約...怒涛の1950年代前半、日本はどのように動いていた?【歴史】

【舛添要一連載】映画『オッペンハイマー』が日本公開 同作は「核開発史」知る上で役に立つ

ソ連じゃ「軍用機から酒がとれた!?」 酒不足の時代に飲んでいたものとは? やっぱり闇で流通

SAMI Japan代表取締役牧野寛が、iU情報経営イノベーション専門職大学客員准教授に就任。同時に、B Lab研究員としても在籍。グローバル、ICT、人材の3本柱で若い世代と共に未来を見据える。

インド国産戦闘機「テジャス」が初めて墜落 ソ連製MiGの置換え進む最中 “パイロットは無事脱出”もアピール

バブル経済期に“テクノロジーの最先端”を走っていたはずの日本が参入できなかった〈ある分野〉とは【歴史】

「あれ…この戦車ヘンじゃない?」かつてソ連が作っていた“弱体化を施した”兵器とは 今もウクライナで?

これぞ “沈黙の艦隊” ? 人呼んで「幽霊艦隊」&「骸骨乗組員」有事になったらゾロゾロ蘇る!?

「ソ連の戦車、持ってます」 ウクライナ支援に博物館が関わるワケ 謎だらけの東側部品をカタチにする知見

世界で唯一「野生化した馬」がいる北海道のまっ平らな孤島。幻想的な島と馬に関わる人々が生み出す“物語のある写真集”

「裏切り者には死を」。これは本当に現代の話か? 不審死続出、プーチンが築いた「粛清帝国ロシア」の闇

記憶と共に失われた、あまり知られていない9つの驚異的建築物

第二次世界大戦後、アメリカ占領下に置かれる日本…米ソの「冷戦」に影響を受けながらも、経済的自立を目指す過程に迫る【歴史】

設楽統&小池栄子、『クレイジージャーニー』で爆笑 奇界遺産フォトグラファー・佐藤健寿氏の撮影旅後編

なぜ湾岸戦争で「最後の戦艦」は呼ばれたのか? 隠居状態から蘇り、そして消えたワケ

五木寛之、初のテーマ別作品集 待望の第3弾が登場!書籍『五木寛之セレクションIII【異国ロマンス集】』3月1日発売。

『クレイジージャーニー』アリマスター・島田拓氏に密着 “世界最大の女王アリ探しの旅”後編

高さ&速さで世界記録だが… F-104「スターファイター」の毀誉褒貶 墜落しまくった国/理想的だった日本

まるでオカルト!支離滅裂な生物学「ルイセンコ学説」はなぜソ連で信じられたのか?

【#佐藤優のシン世界地図探索㊼】シン東京地図図鑑<3>「縦の贈与」の系譜

「戦車のキャタピラ提供します!」ウクライナ向けに旧ソ連・ロシア系車両の足回り部品をサポート 英国国防省

ロシアの新型「翼可変式超音速爆撃機」 プーチン氏が操縦席乗り飛ぶ 同氏激推しで復活の旧ソ連機改良型

「戦争の激化」により戦場への召集や工場への動員など国民生活が一変!…太平洋戦争の始まりと終戦までの日本に迫る【歴史】

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

コメントランキング

もっと見る
1

難民申請の外国人が「ホームレス化」、支援者の負担も限界に

弁護士ドットコム

2

なぜ民主党政権は3年で終わったのか…政界の壊し屋・小沢一郎が考える「3度目の政権交代」に最も必要なこと

プレジデントオンライン

3

「レジ袋の有料化」「紙ストローの導入」に意味はあったのか…「政府の政策に根拠がない」という日本の大問題

プレジデントオンライン

4

『外食恐怖症』が話題 当事者が語る苦しみに… 「他人事ではない」「広まるべき」

grape

5

【速報】抜け穴ふさぎ政治への信頼回復と立民

共同通信社

6

声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」

ねとらぼ

7

【速報】企業・団体献金は賄賂性高いと立民

共同通信社

8

「記者クラブがあるから」だけの問題ではない…日本の報道が忖度だらけになる根本原因

プレジデントオンライン

9

「絶対水筒に入れないで!」 企業の呼びかけに「マジか」「知らなかった…」

grape

10

「政治資金パーティー禁止法案」提出の立憲民主党議員がなんと「パーティー開催」のアキレた言い訳

アサ芸プラス

ニコニコインフォ

もっと見る