ニコニコニュース

「ナショナルデパート」のニュースまとめ(24件)

検索結果:24件

【燻製女子】“食べるバター”のカノーブルから女性も気軽に楽しめるスモークバターが登場、アップルウッドの燻香とドライアップルが爽やかな燻製女子バター「ガーリー・アップル」を発売。

【父の日】“食べるバター”のカノーブルから個性的なスモークバターが登場、スコットランド産ピート(泥炭)とウイスキーの古樽で燻製した大人バター「ダンディー・ピーティ」を発売。

“食べるバター”専門店カノーブルからチョコミン党のためのバターが登場、フレッシュペパーミントとビターチョコの涼しげバター、ブールアロマティゼ「チョコミント」を5月22日から伊勢丹新宿店で発売。

“食べるバター”専門店カノーブルから夏のバターが登場、ライム果汁とスペアミントが香る爽やかバター、ブールアロマティゼ「モヒート」を5月22日から伊勢丹新宿店で発売。

噂の“食べるバター”の新フレーバーが登場! いったいどんな味?

食べるバター専門店「カノーブル」が、第六の味覚「潤味」や「香味」を表現するプロダクト、2011年創業時の「食のコスメティック」を再始動。東京、大阪、名古屋でデギュスタシオンを開催。

“食べるバター”専門店カノーブルが、母の日ギフトにもつかえるフランボワーズ果汁たっぷりな華やかバター「フランボワーズ・カシス・ベリー」を5月10日発売します。

バター専門ブランド「カノーブル」が新元号を祝う新作慶事バター、梅の実と和三盆で縁起の良い紅白バター『令和』を、東武百貨店池袋店、阪急うめだ本店、ECサイトで発売。

食べるバター専門店から新提案!桜をまるごと閉じ込めた春限定フラワーバター

“食べるバター”専門ブランドCANOBLEから春の新作バター、瀬戸田レモンや和三盆糖など瀬戸内海エリアの素材をふんだんに使用した「瀬戸内レモンバター」を3月24日発売

“バター”×”お花見”!?「桜の“花と葉”」をまるごと使用して和三盆糖と瀬戸内海の藻塩で仕上げた和菓子のような春の限定フラワーバター「SAKURA」を3月24日より販売開始

うに含有量50%超。お刺身やステーキにのせるグルメバター、炊きたてご飯やパスタにトッピング感覚で食べられる究極のグルメうにバター「ブールアロマティゼ」雲丹・うに・ウニ・UNI!を発売。

“食べるバター” 専門ブランドがデパ地下初登場。2月14日より東武百貨店池袋店に「CANOBLE」ポップアップストアがオープン - おひとりさま用パッケージ「プリヴェ」を先行発売。4月3日まで。

今年のバレンタインにバターはいかが?食べるバター専門店からチョコレートバター登場

“食べるバター” 専門ブランド「CANOBLE」 “カカオ豆×発酵バター” がテーマのチョコレートバター「ブールショコラトリー」12種を1月29日より販売開始

キャラメルやピスタチオなど、食べるおやつバター9種が楽しめるギフトセット発売!

とろけるバターで自分にご褒美。おやつバター9種のフレーバーを少しずつ楽しめる『ブールアロマティゼ デギュスタシオン』を11月19日より発売

押し寄せるイチゴ感!クリスマスケーキがバターになった!なんでもクリスマスケーキに変えてしまう魔法のバター『ブール アロマティゼ クリスマス ストロベリーケーキ』を11月19日より発売

おまえもシュトーレンにしてやろうか~! 世の中すべてをシュトーレンに変えてしまう魔法のホリデーバター『ブールアロマティゼ クリスマス シュトーレン』を11月19日より発売

バター2.0:究極のグルメバターが登場。四種類の「焦がし食材」で仕立てた『ブール アロマティゼ ブリュレ キャトル』、古代アラビアのバターを作る革袋モティーフのパッケージで11月19日より発売。

日本初!“そのまま食べる”バターの新提案。食のコスメティック「ブール・アロマティゼ」を発売。

見た目まんま!煮干しのパン?熟成肉のパン?「si.si. 煮干啖」「カルネヤサノマンズ」とコラボした「ニ・ボン・パーニュ」「ヴィアンド」を発表、10月20日・21日に試食イベントを開催。

重さ5キロの巨大パン「グランパーニュ」の専門店が目黒にオープン

15年間で200万人とシェアした「パンを分け合うように愛を分け合う」がテーマの巨大なパン『グランパーニュ』の専門店が10月20日都内にひっそりとオープン!

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

コメントランキング

もっと見る
1

「悪口を言わない人は信頼できない?」にツッコミ相次ぐ「そんなことない」「言う人のほうが信頼できない」

キャリコネ

2

「てめー何したか分かってんのか!」と警察官 理由に通行人はゾッとした

grape

3

「安倍政権の倒し方を少し大人になって考えよう」政治学者が自戒を込めて語る、リベラルが敗け続ける理由

BLOGOS

4

「100円で300円の牛丼食べたい」と言うようなもの 漫画家への無茶な依頼を牛丼屋に例えた漫画が分かりやすい

ねとらぼ

5

セルフレジを利用しない理由は? ジャストシステム調査

BCN+R

6

2019年新入社員の理想の上司「相手の意見に耳を傾ける」「一人ひとり丁寧に指導」「好き嫌いで判断しない」

キャリコネ

7

ついに高齢者の「事故多発」原因が判明!?その理由は...

秒刊SUNDAY

8

乳児の耳に漂白剤を入れ続けた母親、子は体中の穴から出血…恐ろしい告白にネット震撼

リアルライブ

9

居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?

弁護士ドットコム

10

空港の写真“人種差別”と大炎上、人気モデル謝罪

ナリナリドットコム

ニコニコインフォ

もっと見る