ニコニコニュース

コメントなど一部除きご利用可能です

ニコニコはメンテ中だけど開催中の企画や番組のまとめはコチラ

「モノクローナル抗体」のニュースまとめ(98件)

検索結果:98件

「二重特異性モノクローナル抗体の世界市場」調査資料(国内市場規模も記載)を発行

仏アニマルヘルス企業Ceva Sante Animale社とのイヌ疾患治療用抗体のライセンスに関するお知らせ

旭化成メディカル、ウイルス除去フィルター「プラノバ」の組立工場が竣工

ピーナッツや卵など複数のアレルギーに効く画期的な薬がFDAより承認!

【新製品】Smart Stickを採用!排卵日予測検査薬「チェックワン LH」をリニューアル発売

悪性中皮腫に対する新しいキメラ抗原受容体T細胞療法の開発

細胞増殖促進因子ポリアミンが抗体の産生量とその糖鎖修飾に関わることを発見

ニューロトロフィン市場調査の発展、傾向、需要、成長分析および予測2024―2036年

リスティーゴ/ジルビスク 全身型重症筋無力症治療薬2剤同時に承認取得

カップリングされたモノクローナル抗体の世界市場レポート2023-2029

「レカネマブ」モノクローナル抗体の話

ノバルティス、チヌーク・セラピューティクス社を前払い金32億米ドル(一株あたり40米ドル)で買収合意、革新的な医薬品戦略と腎臓領域のパイプラインを強化

【上海IPO】モノクローナル抗体薬開発の重慶智翔金泰生物製薬、初値は公開価格を7.60%下回る35元

【上海IPO】モノクローナル抗体薬開発の重慶智翔金泰生物製薬が9日に公募開始、9168万株発行予定

共立製薬株式会社がMabGenesis株式会社とイヌ用新規モノクローナル抗体医薬品に関する共同研究契約を締結

進行性核上性麻痺(PSP)市場(Progressive Supranuclear Palsy Market )に関する詳細な調査は、2023年のそのランドスケープを理解するために実施されました。

【香港IPO】注射薬・ワクチン開発の北京緑竹生物技術、初値は公開価格を3.96%下回る31.5香港ドル

デュピルマブ治療によるアトピー性皮膚炎の瘙痒関連事象への影響

粘膜除染市場(Mucous Membrane Decontamination Market)に関する調査は、2022 年のランドスケープを理解するために実施されました。

[レポートオーシャン プレスリリース】本調査では、2023年のバイオ後続品 (バイオシミラー)市場の最新動向、需要、主要プレイヤー、世界概況ををご紹介します。

猫の変形性関節症に待望の新薬 「ソレンシア」2023年2月20日(月)販売開始   

[レポートオーシャン プレスリリース】本調査は、2022年のヘモグロビン異常症市場の実態を把握するために行いました。

株式会社タウンズとiBody株式会社による戦略的資本業務提携のお知らせ

医薬品原薬(API)の市場規模、2027年に2164億米ドル到達予測

コレステロール原薬市場―タイプ別(NFグレード、BPグレード、その他)、製造プロセス別、ソース別、エンドユーザー別、アプリケーション別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2022-2031年

メルク、新名称Millipore(R) CTDMOサービスの一環としてフランスにおける商用生産能力を拡大

動物用医療におけるモノクローナル抗体の市場規模、2030年に26億7000万米ドル到達予測

フラグメント抗体の市場規模、2030年に113億6000万米ドル到達予測

クロマトグラフィー樹脂の市場規模、2026年に34億米ドル到達予測

COVID-19最新治療法市場、2020年から-36.9%で減少し、2025年には23億4670万米ドルに縮小予測

がんモノクローナル抗体の市場規模、2025年に860億5670万米ドル到達予測

楽天メディカル、抗CD25抗体-色素複合体であるRM-1995を用いた制御性T細胞を標的としたアルミノックス治療(光免疫療法)の開発について、AMEDと委託研究開発契約を締結

【上海IPO】バイオ医薬の栄昌生物製薬、初値は公開価格より4.17%安い46元

【上海IPO】バイオ医薬の栄昌生物製薬が22日に公募開始、5443万株を発行予定

モノクローナル抗体市場、2028年には2,430億5,000万米ドル規模に到達見込み

モノクローナル抗体(MABS)の世界市場は2030年まで年平均成長率10.9%で成長すると予想される

日本BDと太陽ファルマテックが業務提携  製薬会社のプレフィルドシリンジ製剤開発のトータルサポート「PFS製剤化トータルサポートサービス」を提供開始

疎水性相互作用クロマトグラフィーの世界市場は2030年まで年平均成長率7.2%で成長すると予想される

長期作用型モノクローナル抗体の世界市場は、予測期間2021-2027年に健全な複合年間成長率で成長すると予測される

モノクローナル抗体市場ーソース別(マウス、キメラ、ヒト化およびヒト)、病気別(自己免疫疾患、炎症性疾患、感染症など)、エンドユーザー別(病院、研究所など)、および地域別ー予測2022ー2031年

ベーリンガーインゲルハイム、イヌ用の新規モノクローナル抗体の創出・開発についてMabGenesis社との提携を発表

ジェネリック注射剤の世界市場は2027年まで年平均成長率10%で成長する見込み

世界の生物製剤市場ー製品別(モノクローナル抗体、組換えタンパク質/ホルモン、ワクチン、細胞および遺伝子治療など)、用途別(癌、感染症、免疫障害、造血障害など)、および地域別ー予測2022ー2031年

皮膚細胞を印刷して傷口を治すバイオ3Dプリンターが宇宙に送られる。国際宇宙ステーションで行われる7つの実験(NASA)

スキルス胃がんの新たな治療標的分子を同定

「バイオシミラーの世界市場:製品別、適応症別2026年予測」リサーチ最新版刊行

がん発生率の増加AstraZeneca、Bristol-Myers Squibb、Janssen Biotech、Merck、Novartisなどの主要企業によるがん免疫療法市場の拡大

「抗体医薬品:技術および世界市場2026年予測」市場調査レポート発行

世界のがんバイオセラピー業界市場調査―2030年末までに1,718憶米ドルに達すると予測

2027年に61.7億米ドルに達するタンパク質工学の市場規模

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

コメントランキング

もっと見る

ニコニコインフォ

もっと見る