ニコニコニュース

コメントなど一部除きご利用可能です

「保育士バンク!総研」のニュースまとめ(37件)

検索結果:37件

東京大学マーケットデザインセンターと保育士バンク!総研が共同研究を開始

保育士バンク!総研が、保育士を対象に“理想の先輩・仕事観”に関するアンケート調査を実施。理想の先輩 第1位「天海祐希」さん、理想の年収は「400~500万円」が最多

保育士バンク!総研が、保護者を対象に「こども誰でも通園制度」に関するアンケート調査を実施。制度について「知らなかった」が約8割。「利用したい」が約4割という結果に。

来年度に向け、次年度採用が増加。施設側は積極的に正社員を募集

求職者・求人数ともに減少、保育市場は安定傾向へ。正社員募集は7割近くまで上昇。

保育士バンク!総研が保育士の平均残業時間、有給取得状況などを調査。

9月は求人・求職者ともに増加。次年度採用の需要も高まる

保育士バンク!総研フェロー・大豆生田先生に初インタビュー。社会をつくり変える「子ども主体の保育」とは

8月は求人減少のなか、正社員比率が高まり即採用需要は増加

7月は、東京23区内の求人数が減少。正社員のニーズは継続して上昇

保育業界に特化した調査・研究機関「保育士バンク!総研」、玉川大学教育学部教授の大豆生田 啓友氏がフェローとして参画

保育士バンク!総研 所長×元明石市長 泉氏が語る「保育の未来」。保育士支援や処遇改善、配置基準などについて、初の対談を実施。

6月は求人・求職者ともに大きく増加。次年度の保育士確保に向けた準備がスタート

慢性的な保育士不足を解消するため、即採用したい保育施設が継続して増加傾向に

保育士が、こども家庭庁に最も期待することは「処遇改善」。「配置基準の改善が、不慮の事故や不適切保育の防止につながる」との声も

保育士の労働時間や残業、有給取得率はどのくらい?保育士バンク!総研が「令和4年度 保育士の働き方レポート」を発表

新年度がスタートし採用活動が落ち着くも、即採用希望の保育施設が約8割

年度末に向け求人数が大きく増加。即採用の需要も過半数を超える結果に

2月は新規求人数が増加。喫緊の採用を希望する園も半数近くに

保育士バンク!総研が、「保育士の働き方」に関する調査を実施。平均の有給取得率は66.8%という結果に

1月、保育士採用はピークに。東京23区は求人・求職者ともに増加傾向

保育士バンク!総研が「保育士の副業に関する実態調査」を実施。副業をしていない保育士の約6割が「今後副業をしてみたい」と回答。

保育学生の約2割は一般企業(保育士以外)への就職を検討。理由の最多は「給与・労働条件」など、待遇に対する期待

保育士の半数近くが、転職によるキャリアアップを検討。これからの保育園のあり方として「働きやすい環境整備」を求める声が約9割

12月、東京23区の新規求職者数は昨年同月より減少するも、新規求人数は大幅に増加。次年度採用については6割超の法人が本格化

保育施設を運営する法人の8割が、今後の園児集客に課題。「保育士の質向上」に関する取り組みや情報発信を強化

11月の新規求職者数は減少、求人数は増加傾向に。次年度採用も本格化

10月の新規求職者数は、全国・東京23区ともにやや減少傾向。保育園の新規開園減少により、人材の流動性も低下傾向に

9月は新規求職者数・求人数ともに上昇傾向。次年度に向けた採用活用が本格化

8月は東京23区内の新規求人数は減少傾向に。次年度の採用比率は継続的に上昇

保育士バンク!総研、7月の調査結果を発表。正社員の求人ニーズが特に高く、新規求職者数は基準値を上回る傾向に

次年度に向けた「保育士採用」が本格的にスタート。保育士の求職希望・園の求人ともに正社員の比率が上昇

5月も保育士転職市場は活発化。「正社員として働きたい」希望が半数以上だが、求人は減少傾向に

保育業界に特化した調査・研究機関「保育士バンク!総研」、保育士の就職活動の実態の調査結果を発表。より保育士需要が高まる傾向に

保育業界に特化した調査・研究機関「保育士バンク!総研」が「保育園経営の今とこれから」をテーマに、無料オンラインセミナーを開催!

~保育施設向けのHRトータルソリューションの提供に向けて「保育士バンク!」ブランドリニューアル~

「保育士バンク!」を運営する株式会社ネクストビートが、保育業界に特化した調査・研究機関「保育士バンク!総研」を設立

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

コメントランキング

もっと見る

ニコニコインフォ

もっと見る