ニコニコニュース

「救命ボート」のニュースまとめ(18件)

検索結果:18件

洪水で流された猫、水没した車のドアに必死にしがみついていたところを無事救助

オリジナルグッズは謎だらけ&サメだらけ⁉ 『漂流した救命ボートからの脱出』グッズ公開!

ここは食料も道具も希望もない、絶体絶命の海。 新作リアル脱出ゲーム 『漂流した救命ボートからの脱出』開催決定!

【速報】発見されたのは男性、付近に救命ボートも

5/26(金)公開NTLive『ライフ・オブ・パイ』日本劇場公開に向けたティーザー予告が2種類完成しました

ドラえもんオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」にて、ドラえもんやひみつ道具をモチーフにした「Palnart Poc」のアクセサリーを2023年3月17日(金)より発売!

撃墜パイロットはどう救出された? 日本に墜ちた米兵士を助けに行った低速機 砲弾の嵐の中

宇宙船をつかわずとも星間旅行は可能。地球外文明はすでに自由浮遊惑星を使って移動している可能性

イルカの群れの中心で行方不明の男性を発見 12時間海を彷徨い奇跡の救出(アイルランド)

文京学院大学本郷キャンパスにてAtlantic Pacific Japanサマーキャンプ2021開催 文京学院大学女子高等学校生徒2名が探究学習成果を披露 SDGsワークショップの講師として登壇

震災から10年 ヘリーハンセンの釜石市ボランティア団体サポートストーリーを公開

文京学院大学生と文京学院大学女子中学校 高等学校生徒たちが海洋汚染や環境保全、東日本大震災からの復興についてオンラインで学ぶ 英国の“アトランティックパシフィック”のサマープログラムに参加

緊急救援、荒れ狂う海を攻略せよ!終末サバイバルスマホゲーム「ライフアフター」新ダンジョン4月16日登場!

大西洋横断目指す6人の乗組員と一緒に飛行船に乗り込んだ猫「キッドー」の物語(アメリカ)

『九評』編集部新刊:悪魔が世界を統治している − 第九章:共産主義がしかけた経済的な罠(下)

客船、タイタニック号とほぼ同時期に作られた双子の姉「オリンピック号」に関する物語

【速報】空自戦闘機レーダーから消失。洋上で乗員2名発見し救助

人々の生き方を一変させた15の災害

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

1

雨のニオイを嗅ぎ分けることができる人が存在する、その科学的理由

2

義父『どうしてこんなものが…!』嫁にセクハラする義父が“ある写真”を見て震えだした!?⇒気をつけて…!要注意な男性の特徴

3

結婚を断った恋人にトラップを仕掛けて復讐する2Dパズルゲーム『地獄から来た女』が配信開始。ボールを撒いたり、トラばさみを仕掛けたり、強力過ぎる下剤を仕込んだりして生き地獄を味合わせよう

4

「反イスラエル」デモ、退学のリスクがあるなかで抗議を続ける理由「私たちの授業料が殺戮に使われていることは倫理的な問題」

5

人間の奥歯そっくりの歯が並ぶ“怪魚”に、クルミを与えると…… 予想外の結果に「吹いたw」「コロソマかわいいと思ったの初めて」

6

塀を飛び越え、飼い犬を連れ去る雌ライオン 飼い主は「為す術がなかった」(ケニア)<動画あり>

7

穏やかだった保育士さん、保護者がいなくなると激変し…… 想像を絶する“まさかの二面性”へ「そっちーー!?!?」「こんな裏の顔だったら超ウェルカム」

8

『ときメモ』30年前のイラスト公開で大反響 水着姿の藤崎詩織に「発狂」「まさか令和の時代に」

9

日本が舞台の「アサシンクリード」最新作、予告だけで大炎上 騒動を見たマンガ家が残念に感じたこと

10

「これは集合体恐怖」 珍しい“タコの卵”を刺し身で食べてみたら…… 衝撃的な見た目に「ええもん見れたわw」

コメントランキング

もっと見る
1

【速報】立民蓮舫氏が東京都知事選に立候補の意向

共同通信社

2

【速報】中国首相、処理水監視巡り「誠意」要求

共同通信社

3

日本が舞台の「アサシンクリード」最新作、予告だけで大炎上 騒動を見たマンガ家が残念に感じたこと

ITmedia NEWS

4

月収18万円〈50代・大卒非正規〉がポツリ「生まれる時代を間違えたのか…」見捨てられた〈団塊ジュニア〉を待つ残酷未来

THE GOLD ONLINE

5

【速報】静岡知事選、野党系鈴木氏の当選確実

共同通信社

6

雨のニオイを嗅ぎ分けることができる人が存在する、その科学的理由

カラパイア

7

【速報】「小池都政リセットの先頭に」と蓮舫氏

共同通信社

8

エスカレーターの片側を歩く人はブロックしていい…医師が「片側空けはマナーではなく因習」と断ずる理由

プレジデントオンライン

9

「学者にわざと間違ったことをしゃべらせて…」トンデモ取材にあ然、歴史学者がテレビ番組の制作手法に感じた“危うさ”

文春オンライン

10

【速報】立民代表、党幹部のパーティー巡り反省

共同通信社

ニコニコインフォ

もっと見る