ニコニコニュース

「独ソ戦」のニュースまとめ(39件)

検索結果:39件

「あれは…ミッキーマウス!?」ドイツ兵がそう呼んだソ連戦車とは? “ミッキー状態”で走っていたワケ

本屋大賞受賞『同志少女よ、敵を撃て』著者の最新作を語る。ナチ政権下における10代の若者たちの知られざる姿を描いた物語

【圧倒的決定版! ドイツ「第三帝国」の全貌】『第三帝国全史(上・下巻)』、11月28日発売。

「船で運べない?なら海底を走れ!?」トンデモ理論を実現させた「潜水戦車」意外な戦果とは

犬に“特攻”をさせた「地雷犬」の悲劇 “戦車を破壊してこい” その愚かな顛末

ガルパンでも“戦車扱い”で活躍?「戦車より頼りにされた」III号突撃砲とは

ドイツ戦車が「角張りフォルム」を捨てたワケ 流線形みたいな「ティーガーII」に盛り込まれた"反省"とは

7月の角川新書は、現在進行形の戦争と過去の戦争、それぞれのキーポイントを浮かび上がらせる作品が登場!動乱の時代に史実と向き合う術を問う『歴史・戦史・現代史』、重要資料の復刊『歴史と名将』など計3作品

強すぎる故に迫害された女性たちの素顔とその生涯とは――『世界史の中のヤバい女たち』本日発売!

2022年本屋大賞受賞作『同志少女よ、敵を撃て』(逢坂冬馬/早川書房刊)がついに50万部突破!

刊行記念オンライン・トークイベント開催! 大好評『指揮官たちの第二次大戦 素顔の将帥列伝』の著者、大木毅が語るウクライナ情勢とこれからの戦争。

発売たちまち重版決定! ウクライナに戦雲たれ込める今、大木毅『指揮官たちの第二次大戦 素顔の将帥列伝』が読まれています。

ウクライナ侵攻で再注目! 新書大賞受賞『独ソ戦』の著者、大木毅が満を持して世に送る軍人評伝『指揮官たちの第二次大戦 素顔の将帥列伝』(新潮選書)が刊行決定!

ナチスの「選別センター」と同じ犯罪を繰り返しているプーチン

ロシア軍の弱さに青ざめる北朝鮮と中国

2022年本屋大賞受賞作品「同志少女よ、敵を撃て」やノミネート6作品もAudibleで聴き放題!

【速報】「本屋大賞2022」は、逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』に決定!

2022年本屋大賞受賞! 逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』

【「本屋大賞2022」候補作紹介】『同志少女よ、敵を撃て』――女性だけの狙撃小隊がたどる生と死 少女が戦う"敵"とは

「戦争こそは人間の宿痾にして最悪の行為である」本屋大賞ノミネート作品、逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』が11万部突破!

ロシアのウクライナ戦略、「柔道家・プーチン」の視点で分析する

日本でのスパイ活動でドイツに勝利したソ連軍

『AK-47(カラシニコフ)』について語らないか? 水浸しOK、泥まみれOK、叩きつけても問題ナシ 伝説の名銃を徹底解剖

22年ぶりのデビュー作受賞なるか? 逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』が第166回直木賞候補作に。

11月の角川新書は、根拠なき確信と無責任がもたらす悲劇を、国家から個人の身体まで赤裸々に描く作品群! 対独関係から描く日本衰亡の軌跡『日独伊三国同盟』、地政学テキストの決定版『地政学入門』など計3作品

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売

【太平洋戦争開戦80年。『「太平洋の巨鷲」山本五十六』刊行記念講座】真珠湾攻撃とミッドウェイ海戦~何が分水嶺だったのか~ 8/1(日) 開催

「やられたらやりかえす!」強すぎソ連戦車に倍返ししたドイツの間に合わせ兵器とは

「空自15分全滅説」の根拠 航空基地に「掩体」なぜ必要? 現代戦の定石から機を守れ!

旧日本軍の実態、“情報”を軽んじていたのは誰だ?

角川新書7月の新刊! 戦後75年となる今夏。初公開! 大日本帝国、陸海軍秘話『帝国軍人』、人類史の縮図たる昭和を掘り下げる『昭和史七つの謎と七大事件』など計5作品

ロシア「独ソ戦」開始の日に戦没者追悼式を各地で開催

国際宇宙ステーション補給船プログレスMS-14発射台へ 4月25日打ち上げ

ヒトラーと将軍たちの対立、正しかったのはどちら

新書大賞2020第1位『独ソ戦』著者最新刊『戦車将軍 グデーリアン』角川新書より3月7日発売!

岩波新書『独ソ戦』が「新書大賞2020」第1位に

革命的戦車T-34の名を聞くとロシア人の顔が輝く理由

あの抵抗がなければ日本は分断国家になっていた

アウシュヴィッツを強調することは ホロコーストを矮小化すること [橘玲の世界投資見聞録]

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

コメントランキング

もっと見る
1

面接官に「大卒嫌いなんだよね。なんのために大学行ったの?」と煽られた男性 怒りの途中退席した結果、人事からメールが来て……

キャリコネ

2

動物殺害の動画投稿で批判殺到の女が逮捕 生きたまま切断して内臓を取り出し…

Sirabee

3

搭乗客が大量の鼻血と吐血により飛行機内で死亡 「誰もが恐怖で悲鳴を…」と同乗者

Sirabee

4

「マルハラ」なる言葉も誕生!  LINEの文末に「。」は本当に不適切ですか?

週プレNEWS

5

【速報】日米韓の連携、かつてなく重要と上川外相

共同通信社

6

「人権意識が強くなると番組がつまらなくなる」フジテレビ番審委員の発言が炎上、有識者「メディアの役割を理解していない」

弁護士ドットコム

7

夫婦別姓「三度目の正直」か、東京と札幌で同時提訴へ  「高まる世論、今度こそ違憲判断を」

弁護士ドットコム

8

「ガソリン高すぎ!」 こりゃEV欲しくなるかも… 英国でリッター270円超、燃料価格が再上昇

AUTOCAR JAPAN

9

「もう4度目は絶対にない」 選択的夫婦別姓求める「思い」受け継ぐ、第三次訴訟への覚悟

弁護士ドットコム

10

【速報】立民泉氏、日本酒配布で説明責任要請

共同通信社

ニコニコインフォ

もっと見る