ニコニコニュース

「認知機能」のニュースまとめ(1227件)

検索結果:1227件

ブレインヘルスケアのSplink、令和6年度「知財功労賞 経済産業大臣表彰」を受賞

認知症治療も新たな時代!患者のリアルな声から学ぶ!認知症 早期発見のポイント 4/21(日)『健康カプセル!ゲンキの時間』

EPS・SMKと音声データを用いたヘルスケアサービスを展開 ~超高齢社会で増加する認知症の予防・検知に向けて~

サステナビリティ取り組みの社会的インパクトを推計。ガム噛み習慣による介護費抑制効果は年間約52億円

「歩くのが遅い人は脳が小さくIQが低い」──歩行速度と脳の構造に相関あり? 米国チームの実験結果

幼児期に野菜の摂取頻度が少ないと認知発達や発熱・風邪の罹患リスクがあがる!?子どもの心身の健康的な発達のために、知っておきたい幼児の腸活のすすめ

認知機能検査の模擬テスト「あんしん更新75」  高齢ドライバーの受検準備に

SOMPOとNeUが職業ドライバーの安全運転寿命延伸に向け業務提携 ~認知機能を維持・向上させる「運転脳トレ」により事故削減を支援~

75歳以上の高齢ドライバーも家族も安心。 認知機能検査の模擬テストサービス「あんしん更新75」をリリース

暴走運転の原因は「運転脳」にある…高齢ドライバーの事故率が3.4倍になる「白質病変」という脳の異常

「第21回【東京】総務・人事・経理Week[春]」へ出展します

介護度を決める「主治医」は患者のどこを見ているのか…実情より軽く評価されてしまう人がやりがちなこと

【徳洲会グループで初導入】ブレインヘルスケアのSplink、脳ドック用AIプログラム「Brain Life Imaging(R)」を湘南鎌倉総合病院で正式導入

地域の脳に良い観光体験の実践により、脳の健康意識や滞在中のライフスタイル改善意向が向上

電話で認知機能をチェックできるAIサービス、NTTコムが正式提供 「電話は高齢者が慣れ親しんだインタフェース」

【365日脳トレ習慣】らくらく脳体操シリーズ6冊+限定特典冊子つきの『大きな字で脳活性!1年分セット』発売

エイジテック/フィンテックサービスを提供するKAERU株式会社、福島県社会福祉協議会と業務連携し、県下での金銭管理支援業務のDX化モデル事業を開始

回想アルバムで、世界中の高齢者の認知機能を維持し、笑顔を届けます!

「なんだか最近、よく眠れない」←中高年男性が疑うべき、“病名”。放っておくと…【医師が解説】

白ネギと豚肉の「最強レシピ」にやみつき!照り焼き味で簡単・腸活にも◎

《POCHI》『POCHI ザ・ドッグフード エイジングケアシニア』を新発売

4月7日は世界保健デー!eスポーツでも話題の「麻雀」で脳も健康に!デジタル環境がもたらす思考力の低下を麻雀が解決!?

春の新生活に向けてストレッチで健康に!「MIRROR FIT.」と「Dr.stretch」がコラボレーションした「ストレッチウェル体操」に次ぐ待望の第二弾を配信スタート

【DHQ】日本初!「タキシフォリン」で認知機能訴求の機能性表示食品を届出

《利用者の声ページ新設》シニア犬の健康維持に役立つサプリメントTRIZA(R) -トライザ-

ズーとクラフトリンク、スマホ向け箱庭育成ゲーム「夢庭」を2024年3月21日より配信開始。

日本初!自宅でそろばん式暗算アプリを使った中高齢者向けの特定臨床研究結果論文を発表!そろタッチが一部の認知機能(ワーキングメモリなど)向上に有効な可能性を示唆

【「昭和」を思い出して認知機能を強化】「懐かしい昭和」で脳トレする『川島隆太教授のらくらく脳体操 昭和パズル90日』発売

AIとロボットは“多様化する家族”のコミュニケーションを支えられるのか 生活に取り入れてみてわかったこと

ピクシーダストテクノロジーズ、シオノギヘルスケアによる音で認知症に挑む「ガンマ波サウンド」の取り組み

シオノギヘルスケア、ピクシーダストテクノロジーズによる音で認知症に挑む「ガンマ波サウンド」の取り組み ガンマ波サウンド オリジナル楽曲をUSEN音楽配信サービスで3月19日より配信開始

3/30 岡山市中区で開催の「なかまちーず フェスティバル」 岡山旭東病院が「あたまの健康チェック(R)」の無料体験ブースを出展

現在の趣味を高齢になっても続けていると思う人は60%超。趣味が楽しめる老人ホーム、最も人気のジャンルは「ドラマ・映画・演劇鑑賞」

人生120年時代到来!?誰もが陥る”究極の”健康課題「イートロス」とは?!「第9回 伊藤園ウェルネスフォーラム」

30代から始める脳の健康マネジメント―大量データに基づく新たな価値MVisionとあたまの健康チェック(R)が連携サービス提供を開始

認知症予防のための脳ドック: データに基づく新しい価値の提供 / あたまの健康チェック(R)とM Visionが連携サービスを提供

「脳にいいアプリ」ユーザーの心理・健康行動に関する調査結果をサービス学会にて報告

なぜ運動で脳は活性化されるのか。脳の活性化の方法をスポーツメンタルコーチが解説!

認知機能ケアの可能性がある独自の変調を施した「ガンマ波サウンド」を使用した音楽療法セッションを試験的に実施

〈認知症対策〉「脳トレ」に励むよりも「毎日料理をする」ほうが効果が高い理由【医師が解説】

仙台エリアで初: 医療法人社団進興会 せんだい総合健診クリニック「あたまの健康チェック(R)」を脳ドックの標準検査項目に

統合失調症の全症状を治療対象としたファーストインクラス治療薬の共同開発に関する新規提携のお知らせ

約6割以上の難聴者が、難聴が原因で日常生活でストレス・孤独感など大きな影響を受けている 難聴者の治療実態と生活に関する意識調査

柔軟性に富む紙ベースの人工光電子シナプスを開発 ~生体モニタリングに適した物理リザバコンピューティングの実現に期待~

Theoria technologiesのCTOに岩田和宏、テックリードに秀島裕介が就任

香川県で初:まるがめ医療センター健康管理センター「あたまの健康チェック(R)」を脳ドックの標準検査項目に

世界初の視覚認知機能の客観的定量化技術を持つdo.SukasuがVR・タブレットを使ったアセスメントの展示を実施

エーザイとアソビュー、認知機能低下および認知症のリスク低減に向けた身体活動・社会活動の促進における連携を開始

アソビューとエーザイ、認知機能低下および認知症のリスク低減に向けた身体活動・社会活動の促進における連携を開始

AERA with Kids2024春号、3月5日発売!巻頭特集は「子どもの世界が広がる本124冊」/新学期&新学年応援3大特集/水野美紀さん、平野ノラさんインタビューも

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

コメントランキング

もっと見る
1

【速報】「米支援なければウクライナは年内に敗北」

共同通信社

2

なぜ人はカレーから大便を連想してしまうのか…「カレーを食べている時にトイレの話」に不快感を覚える理由

プレジデントオンライン

3

蛇口に肛門を擦りつけた男(56)が逮捕 夜の芦花公園で「公然わいせつ行為が絶えない」納得の理由

文春オンライン

4

運転時の「手をあげて感謝」は生意気なの? 道を譲ってもらった際の「感謝の仕方」が難しい

BCN+R

5

「早く子供を産まんと」時代錯誤な言動を繰り返す叔父の頭に「ビールをぶっかけた」結果

日刊SPA!

6

現行法でも「共同親権」は選べるのに…DV加害者の武器となりリスクが増えるだけの改正案はいったい誰得なのか

プレジデントオンライン

7

「眠いからゆっくり行く」てんかん発作で意識失い交通事故 医師は「運転しないように」と伝えていたが…

弁護士ドットコム

8

ラーメン屋で…店員「ご注文は?」→「僕は味噌ラーメン」「私はチャーハンで」⇒おいしく食べていると…「ちょっと何その食べ方」

愛カツ

9

Z世代は扱いにくい世代? 傷つきやすく、過剰反応する? 世間の声にリアルZ世代が思うことは?

TOKYO FM+

10

東大生が「食べ放題で“原価”を計算する人は頭が悪すぎる」と考える理由――仰天ニュース・食べ放題トップ3

日刊SPA!

ニコニコインフォ

もっと見る