ニコニコニュース

「Scarlet」のニュースまとめ(463件)

検索結果:463件

可憐な花にしか見えない!美しすぎて発見者を驚かせたハナカマキリ(南アフリカ)※カマキリ出演中

植物が世界初の自撮りに成功(イギリス)

医療費を払えずホームレスになった女性。その素晴らしい歌声がSNSで拡散され支援の輪が広がる(アメリカ)

空港のセキュリティーチェックで、スーツケースを開けたら飼い猫が混入していた件。夫婦びっくり

世界トップクラスの自転車競技選手が自身の脚の写真を公開。人体解剖図のような象徴的なふくらはぎに隠された真実

なるほどこうすればかまってくれるのか。怪我したフリして家族の注意を引こうとする犬が、なんとも健気でいじらしい件

幼少期に親に嘘をつかれて育った子供は、大人になると社会的適応が困難になる可能性(国際共同研究)

バンドリ!の曲で楽しく学べる楽器教則本と アニメ「BanG Dream! 2nd Season」のピアノ曲集を発売!

生前は人を笑わせることが大好きだった男性、遺言通りに葬儀中のサプライズ。追悼者らを笑顔に(アイルランド)

嵐の日にやってきた野良猫を保護し「猫弁護士」として雇用した弁護士協会(ブラジル)

私の彼はボーイング737-800。大型旅客機に恋し交際5年目の女性、「いつか結婚するのが夢」(ドイツ)

火事に気付き飼い主を起こして避難させたお手柄犬。賢明で迅速な犬の行動がまたしても人の命を救う(アメリカ)

2019年夏、北半球の396か所で観測史上最高気温を記録。人間の活動による影響が懸念される(米研究)

一夜限りの大人ハロウィーンパーティー!世界の美食と心地よい音楽が楽しめるナイトビュッフェを開催

大人気TVアニメ「ブギーポップは笑わない」のスイングサイズのぬいぐるみ発売のお知らせ。

大人気TVアニメ「盾の勇者の成り上がり」のキャラクターイラストやアニメのワンシーンを使用した アクリルトレカ・第二弾 発売のお知らせ。

大人気TVアニメ「盾の勇者の成り上がり」のスイングサイズのぬいぐるみ(2種)発売のお知らせ。

食文化の違い。アメリカ人は大好きだけど、他国にとっては奇妙な11の食べ物

アメリカで導入されたロボット警官「ロボコップ」、助けを求めた女性を無視して「邪魔だからどいてください」

心臓発作で倒れ、2匹の愛犬と引き離された男性。見知らぬ人々の尽力で再び愛犬を取り戻す(アメリカ)

アメリカの都市伝説、しわピエロ「リンクル・ザ・クラウン」がドキュメンタリー映画化。恐怖のしわピエロの正体は!?

猫の母性に境界線なし。我が子を失った母猫、孤児の子犬たちの養母になり献身的な愛情を注ぐ(南アフリカ)

病院嫌い、荒ぶる猫にどう対応していけばいいのか?獣医が猫に扮して体を張ってそのテクニックをレクチャー

ゾンビメイクのまま発作を起こした女性。あまりのクオリティに病院側は傷を負っていると勘違い(アメリカ)※ゾンビ注意

アマゾンで、過去の記録を上回る高さ88.5メートルの巨木が発見される(ブラジル)

自閉症の少年が澄んだ声で歌う「ハレルヤ」。その美しい歌声がSNSで話題となり、人々の心を打つ(アイルランド)

自ら葬儀場に出向き、遺族の悲しみを感じ取り、心を癒してくれる特別な能力のある猫(イギリス)

仲間は1匹の犬だけ。30年にわたり砂漠地帯で洞窟を掘り続ける男性(アメリカ)

モルモット味のアイスクリームが登場。南米エクアドルの女性がレシピを考案。結構うまいと話題に

野良の子猫を路上で発見した女性、自宅に連れ帰った後、ボブキャットであることが判明(アメリカ)

不安障害を抱える人は、不安がないことに不安を感じる(アメリカ研究)

植物のように光合成する衣服が開発される。藻類を使用し二酸化炭素を酸素に変える(カナダ研究)

今は亡き、愛する人やペットの姿が!偶然Googleストリートビューにとらえられていた、心にグッとくる思い出のメモリー

ずっと仲良しだった友が亡くなって1年経った今でも、相棒の為にベッドをあけて眠る犬(イギリス)

スコットランドで「親が子供を叩くのは全面禁止」の法案が可決される。賛否両論の声

その場で餌を食べようとせず、ビニール袋に入れたエサだけを持ち帰る野良猫。そこには我が子を思う母猫の愛が。

ついにマクドナルドも! 植物由来の人工肉を使用したベジバーガーが、期間限定で試験販売(カナダ)

いったい何が?砂浜の海岸が海に飲み込まれるという怪現象が発生(メキシコ)

イギリス全土で飼い猫すべてにマイクロチップ装着を義務化 新たな動物福祉措置案として発表

一夜のうちに出現したバンクシーのディストピア風ショールーム。その目的は?(イギリス)

24歳男性と81歳女性の年の差婚。懲兵から逃れるための偽装結婚と噂されるも結婚2年目を迎える(ウクライナ)

同棲中の女性が買い置きしておいたチョコを頻繁に盗み食い。チョコを守りたい男性のとった方法とは?(イギリス)

奇跡の再会。出会った瞬間にお互いに駆け寄っていった2匹の犬は、別の家族に引き取られた姉妹犬だった(アメリカ)

ラスボス降臨!?世界のイケメン度を競う「2019年ミスター・グローバル」コンテストの民族衣装部門がすごい

指で丸をつくる「OK」のジェスチャーに要注意。白人至上主義のヘイトシンボルに公式指定される(アメリカ)

ある日突然姿を消したホームレス男性の愛犬。必死の捜索の末に再会、犬は男性の腕の中に飛び込んだ(アメリカ)

1年以上川底に沈んでいたiPhoneを発見。防水ケースに守られ完全起動。亡き父の思い出とともに持ち主に帰る

「股間が大きすぎて怪しい」万引きを疑われた男性。無実を証明するために約25センチのイチモツを見せる(イギリス)

花屋の看板猫が連れ去られる。現場映像が拡散され、猫は謝罪の手紙とともに飼い主に返される(アメリカ)

家畜研究所の火災で牛の精液が大量放出。前代未聞の火災現場に(オーストラリア)

ピックアップ

もっと見る

アクセスランキング

コメントランキング

もっと見る
1

「人を助けず、立ち去れ」が正解になる日本社会

プレジデントオンライン

2

令和おじさんは「3000円パンケーキ」が大好物 菅官房長官の「金銭感覚」に賛否両論

J-CASTニュース

3

あいトリ「燃やされた天皇の肖像」「放射能最高!」を批判するなら知っておきたいこと

文春オンライン

4

日赤「宇崎ちゃん」献血PRポスターは"過度に性的”か 騒動に火をつけた米国人男性に聞いてみた

文春オンライン

5

“すいません禁止”ある飲食店の貼り紙がSNSで物議 「ここまで広がるとは」オーナーはSNSでの反応に驚き

AbemaTIMES

6

献血するのは偽善者っぽい? 何が動機でもそれは立派な人助け

おたくま経済新聞

7

市長の中止呼びかけも「無視」、学校が「組み体操」をやめない理由

弁護士ドットコム

8

「怖くて逃げ出せず…」騙されてAV出演、プラモアイドルが封印した9年前の記憶

弁護士ドットコム

9

「過度に性的」指摘で賛否呼ぶ日赤献血ポスター、臨床心理士「“環境型セクハラ”には当たらない」

AbemaTIMES

10

TBS、やらせ発覚で2番組を打ち切り ネットでは「ショックすぎる」と動揺する声も

キャリコネ

ニコニコインフォ

もっと見る