東日本旅客鉄道JR東日本)が、鉄道コンテナ型ハウス「マチハコトレイン」をネットショップ「JRE MALL」で発売しました。価格は1台297万円から(設置費別)。あのコンテナに「住める」……!!

【画像】国鉄コンテナハウス利用時の様子

 マチハコトレインは、コンテナ的建築「マチハコ」を展開するスクエアと共同で「国鉄6000形コンテナ(黄緑6号色)」を再現したワクワク過ぎるデザインレプリカコンテナハウスです。

 国鉄6000形コンテナは、かつての国鉄が1960年1970年にかけて製造し活躍した約11フィート(一種規格)の貨物用コンテナ。マチハコトレインは、その色(黄緑6号色)や文字サイン、そして大きさを忠実に再現しました。

 広さは約7.1平方メートル。内装は、そのまま物置として使える「トレインストレージタイプ」(297万円から)のほか、特急「あずさ号」で使われていた2人掛け座椅子、車体で使用していた実物小物類をセットにしたルームタイプの「トレインギャラリータイプ」(770万円から)、寝台特急個室イメージの内装に仕立てた「寝台特急タイプ」(990万円から)の3パターンを用意します。あぁ、ここで寝たい……!

 部屋仕様の「ギャラリータイプ」「寝台特急タイプ」は、電気、空調、照明、内装仕上げ、設置費用、扉(1カ所)、窓(1カ所)も基本仕様として含まれます。

 設置可能エリアは関東1都6県(東京都茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県神奈川県)。外形サイズは約3715(全長)×2450(幅)×2500(全高)ミリ。販売は約6カ月間の期間限定で予定数に達し次第終了。設置できるかどうかの事前現地調査も受け付けます。

JR東日本が販売する「国鉄コンテナハウス」